【取扱注意】Longshot をライフル減装弾に使う

重要なので最初に書いておきます.散弾用の速い火薬を間違ってライフルに使うと事故になると言われています.これはライフル用火薬と同じような薬量(多い)を入れるからそういうことになるのです.もし同じようなことをお考えでしたら,火薬の振る舞いについてよく研究なさって,さらに十分すぎるほどの注意を払わねばならないことをご確認ください.(私は一応有資格者です.が,専門家ではないので,この件についてはご質問は受け付けません.)




ライフル用の減装弾に使用する火薬として昔から有名なのは SR4759 ですが,すでにディスコンになっていますね.今は TrailBoss が良さそうですが,こんな風にレシピをいろいろ考えてそのたびに火薬を買うと火薬庫がすぐにいっぱいになってしまいます.そうでなくても散弾,先台なども入ってますからスペースが厳しいです.うちの場合は火薬は3瓶までが望ましいので,なるべくレシピも整理してシンプルにしたいのです.

まず絶対に持っていたいのは,散弾用の Longshot ですね.これは主には鴨弾に使います.あとは内地用(笑)の DC-300, 150gr までのライフルに使います.あとは重量弾用に DC-435 かなと思うのですが,とりあえずラインナップ整理も念頭において前回は Varget を買いました.あわよくば DC-300 でカバーすべきところもこれでいけるかなという考えです.しかし,価格的な問題は残ります.

DC-300 と DC-435 を揃えた場合,Longshot もあるので,これで3缶になります.そうするとライフル減装弾用の火薬が入りません.DC-300 を減量していくとタール状のものが残るようになるので,減装弾にも限度があります.

そこで,burn rate を見て思ったのですね.SR4759 より Longshot って速いけど, Alliant 2400 を reduced load に使うレシピはあるし,2400 と Longshot は結構近いんですよ.だから Longshot を減装弾に使えれば,省スペースになるではないかと....

で,実際にやってみました.30-06 に 170gr の自家鋳造弾を Longshot **gr (今回は数値を伏せますが,オーダーとしては散弾の半分くらいです)程度で試験です.弾速計を持って行くのを忘れてしまったので,今回は評価しませんが,ちゃんと発射できました.推定ですが,2000fps 近く出ていると思います.

一番少ないのから撃ちましたが,もちろん棒は持って行ってます.停弾の可能性が排除できなかったからです.でも大丈夫でした.ただし欠点があります.それは白煙が結構でるのです.黒色火薬程ではありませんが.苦笑

今回は試験的に少量試射しただけなので,今度はもう少し詳しく解析できるように準備したいと思います.が,通常弾を Varget でまとめた場合は,TrailBoss を買う余裕が出来るので,今後も減装弾用に継続するかはまだ決めていません.

この記事へのコメント

  • ともぞう

    TKさん

    噂の検証も面白いと思うのですが....漏洩(笑)を楽しみにしています.
    2019年06月23日 09:14
  • TK

     ともぞう様。

    >実験結果を公表
     巷で言われている伝承は本当なのかな?、の検証程度なので恥ずかしくて...。
    例えば「スラグ径は、バレル内径に限りなく近い方がいい」では。
     フォスタータイプでは加速GやGAS圧に因りライフリングに食い込む時点で全長は縮み、直径は内径ぴったりまで拡大する。
    他には、「減薬の異常高圧」,「ツイストの甘さを弾速でカバー」等々。
    理系の人には予想通りの結果だね、で終りだし。
    中には、興味深い結果もあるのですが部外秘なので、ともぞう様のテーマと合ったら問題ない程度で漏洩しますね。

    >書けないことも多い
     銃アレルギーの人が多い国ですからね。
    国外や実験施設でのテストだったりの説明が面倒で...。
    2019年06月22日 21:15
  • ともぞう

    TKさん,こんばんは.

    お~,めちゃマニアックな実験をされていますね!!
    どこかで実験結果を公表されているようでしたら教えてください.
    見る人が制限できない環境だとなかなか書けないことも多いですよね.
    2019年06月22日 00:10
  • TK

     ともぞう様。

    >停弾
     ベアリングサーフェイスの観察の為、無傷の弾頭を回収します。
    なので、停弾からスタートし徐々にパウダーを増加。
    そして、停弾しない最小安定量を出しています。

    >ハンドロード実施は禁止
     脱脂綿弾頭のアモを沢山持ち込んでいます。

    >書かない(&書けない)ことも
     ですね。
    私のテストも一般の方には無理(ニホンの法的制約)な事もあったりします。
    2019年06月21日 01:20
  • ともぞう

    TKさん

    そんなに停弾させちゃうんですか.気づけば良いにしても,怖いですねぇ.おっちょこちょいな人(私もです.笑)には事故の元なので,停弾しないように組む方がいいと思います.なお射撃場でのハンドロード実施は禁止されているところが多いです.

    こうすれば出来ると分かっていても,ブログでは見る人を制限できないので,書かない(&書けない)こともあります.苦笑
    2019年06月16日 21:28
  • TK

     停弾は、日常茶飯事です。
    私の対処方法は、標準ロードの10%程度のパウダーを積め、パウダーが零れない様に軽く丸めた脱脂綿を弾頭の替わりにセットし発砲しています。
    但し、現代の無煙火薬限定の方法で、ブラックパウダーでは危険な場合もあります。
    2019年06月16日 01:31