whole boar (1)ヒレと背ロース

どこもだいたいそうだと思いますが,猟隊の獲物は平等に人数割りすることになっています.ところが今回,参加者が少ない上に私以外は熟練者,そして唯一の獲物が小さいということで,解体や分配が面倒になったらしく,私に丸ごとくれるというのです.滅多にないことらしいですが,今回の例外はありがたく頂戴しました.

瓜坊だったらあこがれの丸焼きなんてやってみたかったですが,そこまで小さくないので,とりあえず普通に解体しました.部位ごとにどうやって食べようか考えながら料理していきます.

というわけで,シリーズの最初はヒレと背ロースを少々使って定番のシシカツから.
画像

ヒレはともかく,背ロース全部をカツにすると大変な量になりますので,一部だけ使います.で,こんな感じに.
画像

まだ若い個体だったせいか,柔らかくて癖のない,おいしいカツでした.ごちそうさま!

この記事へのコメント

  • ともぞう

    子供の時から魚をさばく手伝いはしてたので,そんな leap という感じはありませんでした.ちなみにイノシシの解体で一番大変なのは脂を皮ではなく身の方につけるようにむくところです.しかし今回の個体は小さかったので脂もあまりなく,その辺は気にしないで皮むきしてたので楽でした.イノシシは大きくても100キロくらいですから,ヘラジカとは比較になりませんけど,水などが使える解体場所まで運んだあとは,猟隊の何人かでよってたかってやりますし,熊に襲われることはないので大丈夫です.笑 ただ狸とかが出てきて,さっとかすめ取って行ってしまうことはあるらしいです.苦笑
    2018年01月09日 23:02
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    丸ごと解体ですか、お疲れさまでした。猟は良いけど解体が大変とハンターたちに聞いています。多分慣れなんでしょうけど、解体=解剖ですよね。ご専門は別だったと...
    こちらでは獲物を取られないように解体は素早く搬送もてきぱきと四駆を使ってやっています。特にヘラジカなんかは400キロの肉が出るので大変だそうです。
    獲物を狙っているのは熊達で銃声と血の匂いですぐ集まってくるらしいです。鹿猟で自衛のため熊を撃ったとよく聞きます。一応の届け出はするらしいです。まあハンターがハンテッドにならないように散弾銃にマグナム・スラグ弾を入れて見張りが立つそうです。まるで野戦ですね。
    2018年01月09日 05:19