Pro Melt-2 を考えたがやめた話

現在は弾頭鋳造に Lee Production Pot IV を使っています.
画像

110V 版です.定格は 500W ですが,日本は 100V なので単純計算で 400W くらいしか出ていないかも知れません.でもツルツルいっぱい(笑)とまでは行かなくても結構めいっぱいいれてちゃんと使えます.

ですが,RCBS からの新しいのがちょっと欲しくなり,次期買い物リストに入ってました.
画像

しかし吟味をすすめるため取説を見るとネジ類が metric なので,OEM っぽい感じですね.どこが作ってるのかな??中国あたりな予感も....

25LB も入りますが,100V で動かしてどのくらいの使い勝手なのかは気になりますね.ただ PID のコントローラーを先日作ったので別にここまでのを買う必要は無いということに今更気づいたりしました.笑 今の状態よりアップグレードするとすれば Lee Pro 4 にするのが妥当かも知れませんが,鉛を入れた状態で止めると,今の Pot IV でもずっしり重いので,Pro 4 だと持ち上がらなくなるかも?笑

ところで同じような製品で Melter というのもあります.違いは鉛の注ぎだし口が底についていない,ただの鍋のようなものです.
画像

これは安いですが,鍋でやるのと同じ事ですね.普通のモールドを使って鋳造するならやめたほうがいいと思います.昔風に柄杓で注げばいいと考えるかも知れませんが,それに注ぐときの温度は下がりますし,湯口からあふれる量が多くなるかなと思います.そして何よりヒューム対策を考えると,上側へのアクセスをしやすくしないほうがいいかもしれません.あとは溶けた鉛の表面はいくらフラックスでキレイにしても若干は不純物が浮いてきますので,それがモールドにかかって汚れそうです.まあ ladle を使って鋳造したことはないので想像ですが.

ちなみに鍋でやるのと同じことと書きましたが,同じなのは上から取り出すということだけで,実際にやる場合には鍋の方が危なそうです.多分ベランダとか外にカセットコンロやキャンプ用のストーブを置いてやるでしょうが,鉛を入れた鍋は非常に重いです.バランスを崩して鉛がこぼれると危ないですし,そこが濡れていたりしたら水蒸気爆発で溶けた鉛の粒が飛んできたりします.大惨事につながることはやめましょう.

この記事へのコメント

  • ともぞう

    あの雑誌に鋳造の話が出ていたので,興味を持つ人もいるかなぁと思って書いてみました.鍋でやればいいじゃん,と思う人も多いはずなので,かえって回り道になるよと.

    実際のところは回り道自体はいろいろ勉強にもなるので,自分としてはいいと思っているのですが,職場の労働安全に触れる機会があり,老婆心が出てしまったというわけですね.
    2018年04月08日 09:31
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    ほとんどの内容に私も同感ですね、上からのスプーンでの取り出しをやった事がありますが、一番必要な温度管理に問題ありで薦められませんね。私がスプーンを使ったのは上記のLeeのポットが無いための非常手段でした。

    現在はバランス鉛を溶かして鋳塊を作る時に、小さな鍋に穴を開けて薬莢を突っ込んで使っています(でかいLadleみたい)。4~5ポンドの鉛をこの小さな鍋を両手で持って型に入れますが結構な重量です。使っている鍋の一番の問題はかねの取っ手がめちゃくちゃ熱くて軍手2枚とタオルで武装して持ってます。笑

    水蒸気爆発ですが、プロパンバーナーが燃えた時にできる湿気が冷たいスプーンに結露して、結果としてスプーン爆発が「ぐぐっばば~ん」と結構ありました。さすが1600倍膨張の威力です。
    2018年04月08日 00:04