DC-435 ラベルデータの再現性を考える

DC-435 の published data らしきといえば,そのラベルしかありません.これですね.
画像

条件は 24" の検圧銃,Win の薬莢と雷管で弾頭は 180gr は Win STBT とあります.

うちではもちろん同じにはなりませんが,以下のような条件で試験しました.
barrel length: 22"
twist rate: 1:10"
chronograph: Magnetospeed v3

case: Winchester 30-06
bullet: Sierra 180gr SPT
primer: Winchester Large Rifle (WLR)
brass: Winchester 30-06
powder: DC-435
average of shots: 5 at each charge

両者の違いで当然考えられる現象としては,主にはバレル長が短い影響で弾速は遅くなるはずです.弾頭の差も ogive 由来の差があるかもしれませんが,それはそれほど大きくないと思います.そして結果は以下のようになりました.
画像

黒い丸はラベルにあるプロットで,線もそれの近似直線らしき,ラベルに書いてある線を再現しています.そして赤いバッテンが今回自分で実測したのデータとなります.

薬量を増やせば近くなりますが,傾きから違うのが気になりますね.そもそもラベルデータのプロットの位置が,37.6, 44.5, 51.8 gr 近辺にあり,なんでこんな半端なのかな?と.それに直線近似には無理のあるデータになっているように思います.今回の実験データ(赤い×)のほうは変化がだいぶ直線的なのに対して,違いがありますね.

もともと様々なレシピの試験条件自体が自分の条件とは異なることが普通なので,一般論としてはデータもそのまま読み替えることはできないわけですが,今回のラベルデータを解析した結果からは,これ自身がさらに信頼できないという印象を持ちました.まあいずれにしてもデータは自分で作らなければならないわけで,本来あるべき方向性を提示していると考えられますね.苦笑

この記事へのコメント

  • ともぞう

    私の少ない経験ながらも,薬量と弾速は通常使用範囲で結構きれいに線形になります.ところがラベルのそれはきれいになってないし,近似直線の引き方もかなり怪しい.プロットがもし一発だけの値をのせているなら,こういうデータもあり得るかも知れませんが,そんなグラフを載せるか?というところが気になっているわけです.苦笑
    2018年05月16日 23:53
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    確かに妙ですね。銃身の2インチの違いで、パッと見でデータが逆かも?と考えるのが当然でしょうけど。Twist Rateが1:9とか1:8だと多少は早く回転させるのために初速が落ちそうですが、30-06で撃つ銃身じゃ聞かないですね。気温と湿度は真冬と真夏なら多少はと考えます。大きな違いは弾速計の違いでしょうかね?それとも初速を離れた位置で測っているとか。私のChronyは離して使うようになっていますが、Magnetospeedは銃身に取り付けますから。まさか実験用銃身の薬室に相当のガタが出ていて腔圧が下がってたりして、とかってに想像しています。
    2018年05月16日 23:44