雷管ブランドによる着弾点の変化

私だと雷管の差があっても,自分自身の腕の悪さにマスクされてしまうので,せいぜい弾速を測ることくらいしか出来ません.実際に以前測ったときにはそれほど大きな差では無かった記憶があります.WLR より FIO の方が分散が大きいとか,そんな結果だったような.

ところがこの間の射撃会の時に,我らが青年部長(笑)のOさんが「雷管の差ってあるもんだねぇ」と言って的紙を見せてくれたのです.それによると 50m でだいたい 1cm くらい着弾点の高さが違うようなのですね.それぞれ5発撃って,ひとまとまりの穴になってるので,その差が明確になっていました.これは面白い結果ですよね.確か WLR と FIO と言ってたと思います.

零点規正設定を変えなければ,弾痕があがったら弾速もあがったということになるわけですが,実際に 1cm 着弾があがるにはどれだけの弾速の差があれば良いでしょうか.Ballistic Calculator で計算してみますと,距離 50m において零点規正を変えず,2500fps に比べて 1cm 着弾をあげるためには弾速を 3400fps まであげないといけません.

雷管違いによる弾速の差はこれより桁違いに小さいですから,これは銃自身のブレ(跳ね上げ量)が変わったと考えるのが妥当では無いかと思います.薬種薬量は同じようですが,燃焼速度にわずかな差があって,思いの外それが銃の動きに大きな差を与えていることが推測されます.よく薬量を変えるとグルーピングが変わると言いますが,グルーピングは変わらなくても,高さ自体が変わるのが興味深く思いました.

いろいろ試してみたいですが,私にはこの実験を自力で出来る腕が無いのが残念ですねぇ.苦笑

この記事へのコメント

  • ともぞう

    ヒロシさん

    散弾はマージンがあまりないから,レシピは結構ちゃんと守らないといけないと言われていますね.日本では選択肢があまりない(多分 Win か Fed くらい)ので,極端なことはないかも知れませんが.

    しかしマグナムが普通のより弱いとかだと,がっかりしますね.金返せ~とか.笑

    そちらでは CCI とかメジャーですよね?でもこっちのお店では見たことがないです.選択肢が少ないですが,そこのが入らなかったりすると,どこからか輸入してきたりするので,商社はたくましいなぁと思います.笑
    2018年06月15日 18:58
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    私は以前ネットで市販雷管のメーカー別検証をした人のデータを見た事があります。メーカーによって雷管の持つエネルギーの差が結構ありでライフルなどは問題が大きくは出ませんが、散弾装弾の場合には雷管によっては腔圧が最大値を超えるかもしれないので指定以外の雷管は使用しない様にと注意書きがありました。気を付けたいものです

    メーカーによってはマグナム雷管の火力が他社の普通雷管より劣ることもありだそうです

    それと、雷管をプレスで入れる時には惜しすぎに気を付けないと、雷管の中のアンビルとカップ部分の距離が近付き過ぎや古い雷管だと火薬が割れてミスファイヤーになる事もあるそうです。私は雷管はハンドロードしかしていません

    まあこのあたりハンドローダーの面白いところですね、微笑。
    2018年06月15日 07:31