弱装の欠点

ライフルというと腔圧をある程度高めて精度を求める人も多いですが,私は精度にはそこまでこだわらず,割と数撃ちを楽しむ方です.なので,日常的な射撃には弱装弾をよく使います.猟隊の射撃会でも基本的には弱装で,そろそろ出番かと思って作ってありました.レシピとしては最近はこんな感じです.

30-06
150gr SPT Sierra
H-4895 30.0gr


O君に新しいライフルの許可が下り,あわせておニューのスコープもつけたと言うことで,そのサイティングに行こうと誘われ,その弱装を持って行きました.O 君は枕レストしか持っていないので,ちゃんとしたのを射場で借りてサイティングをしました.
画像

100m で合わせたそうです.彼はボルトは前から持っていますが,今回買ったのがセミオートで,ボルトに比べて当たらないのではと危惧していたらしく,思いの外まとまって喜んでいました.まあ彼は何撃たせてもうまいのですけどね.笑 撃った反動がボルト式に比べて弱いので楽だと言ってました.

さて私の方に話を戻します.射撃会自体が練習なのですが,さらにその練習だというわけで,立射でやってました.
画像

何発か撃って何気なく手を見ると真っ黒です.薬莢がそもそも煤けています.
画像

弱装は今までも使っていましたが,ここまで黒くなってたっけ?デントした薬莢が戻りきってなかったりするので,腔圧が全然上がってないようです.まあそれは弱装だからよいにしても,真っ黒になるのはイヤですねぇ.ボルト周りも真っ黒になっちゃってました.
画像

これはプライマポケットが緩いのをそのまま使ったからだろうと思っています.実は捨てるつもりだった Winchester の薬莢を使ったのです.よく調べるとそれまで 18 回使っていて,あと2回で 20 回だから,それで卒業にしようなんてケチなことを考えたのが悪かったようです.前の方が煤けるのは仕方ないとしても,ヘッドが汚れるのはやばいですからね.今度こそ捨てます.苦笑

この記事へのコメント

  • TK

     ともぞう様。

    >30-06 までで
     こちらも多丁数を良くは思われなくて「大は小を兼ねる」に従いハイパワーの物(大きさと重さは妥協)を残しました。
    ソロハント時は、「ゲームに気付かれたらこちらの負け」の縛りで行っているので遠射になりがちなのです。
    フルパワーから50m先のダンボールに弾かれてしまう物等を用途に合わせ使い分けています。
    ハンドロードは、レシピ次第で多用途をカバー出来るのがいいですね。

    >事故になるから
     発砲時に膨張したケースに因り行き場所を失った余剰グリスやオイルがケースを凹ませる事があるだけで危険は皆無です。
    減装ならばそのケースも問題なく使えちゃいますし。
    2019年06月22日 21:17
  • ともぞう

    TKさん

    うちではライフルは大きくて 30-06 までで,狩猟用途なのでこれ以上となると,北海道でヒグマやります,とでも言わないとおりないでしょうから,買う予定はないですけど,一発撃ってみたい気はします.そしてリコイルにびびってもう撃たない,みたいなことになりそうな.それでも,銃身交換が簡単な銃にでも入れ替えたらやるかも知れませんが.

    ちなみに私は不精者なので,掃除しないといけないグリス塗布はやらないと思いますが,ちゃんと拭き取らないといけない理由が汚くなるから,というのではなく,事故になるから絶対,というのもハードルが高いです.苦笑
    2019年06月22日 00:15
  • TK

     ともぞう様。

    >7gって100grオーバー
     マズルブレーキがあるものの苦痛でしかないです。
    リコイルも騒音も苦手ですぅ。

    >ベチョベチョにならないなら
     効果絶大なのですが素手では触れません。
    小さなバケツでエジェクトしたケースを受けます。
    因みに、通常ロードを撃つ時は、チャンバーのグリスを拭き取らないとケースを痛める事があるのでご注意下さい。
    2019年06月21日 01:22
  • ともぞう

    TKさん

    7gって100grオーバーかと思いますが,マグナムですね.弾頭が軽いのかな??フルロードは怖くて撃てないです.笑 グリスを塗るのは,ベチョベチョにならないならいいアイディアですね.
    2019年06月16日 21:13
  • TK

     私もライトロードが好きです。
    ハント時は、フルロード(ブレット:168Gr,パウダー:6800~7000mg,弾速:3500~3800f/s)ですが標的射撃時は、ライトロード(ブレット:110Gr,パウダー:500mg,弾速:850f/s)で楽しんでいます。
     圧不足に因るガス漏れ(ケース汚れ)は、ネック~ショルダーにモリブデングリースを塗り防いでいます。
     ポケットの緩みは、ボルトフェイスのエロージョンを招くので要注意ですね。
    ライトロードであればプライマー装着後、その界面をネジロック剤でシールしある程度延命出来ます。
    又、ベルテットケースなら円形のシールを更に貼ります。
    2019年06月16日 00:28
  • ともぞう

    ヒロシさん

    結局使用を重ねた個体で19回使用となったかと思います.ホットロードした中にはヘッドが切れるかも知れないと思われるものもあったのですが,弱装メインだからか,ほとんど問題ないです.ネックスプリットも無し.思いの外優秀でした.
    2019年04月21日 20:49
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    Winchesterで18回ですか。よくここまで使えましたね。値段の高いLapuaでも限度が標準リロード10回と言われていますから、Winでは相当な御高齢と言うべきでしょうね。縦割りにして観察してみたいですね。
    2019年04月21日 10:40