セミオートライフルの新たな選択肢

現在国内ではセミオートライフルは BAR 一択という感じですよね.確かにいいものですが,それにしても選択肢がないのはさみしいことです.Remington もセミオートはやめちゃいましたし.ですから,今新銃で買う人はほとんどが BAR で,あとは少数派で Benelli ARGO か H&K という感じではないでしょうか.

そんな昨今,SPORTS GUN 誌を見ていたら,VERNEY CARRON というフランスの銃を見つけました.こんな感じのものです.
画像

IMPACT NT ONE

日邦が入れているみたいですね.ここには 30-06 しか出ていませんが,本国のサイトを見ると 7x64, 300WM, 7mm Rem Mag もあるようです.でかいのばっかり.これなら 30-06 でいいか.あとそこには着脱式弾倉の装弾数は2か4とあります.SPORTS GUN には5発とあるのですが....普通の BAR は4発なのでもし本当に5発なら,その違いでこっちにするという人もいますよね.

気になったので,ググってみたところ,北九州の塩田屋銃砲火薬店さんで取り扱いがあり,そこには4発とありました.SPORTS GUN 誌のタイポですかね.ここ肝心なところだと思うんだけど....ちなみに国内で使っている人の感想とかが見当たりません.ライフルなんてポンポン買えるモノじゃないから,やっぱり安パイ(ここでは BAR ですね)引きがちなんだろうなぁ.

という私は ARGO にしようと思ったけど周囲のやめとけ圧がすごくて,結局これになったのでした.
画像

Winchester SXR

実はこの銃,弾倉のカバー部分は若干形状が違うのですが,本体部分は BAR と全く同じなので互換性があります.ガスオート機構もまったく同じなので,動作の信頼性も BAR と変わりません.唯一の欠点はボルトリリースレバーがないので,排莢口から一発だけ放り込んで閉鎖するということができない点です.射撃場ではマガジンに一発いれて装着,ボルトを閉鎖して撃つ,開放でとまるので,マガジンを外してそこに一発いれる...の繰り返しになります.銃砲店さんには是非リリースレバーがつくように改造してもらいたいなぁ.

あのレバーは弾倉に弾が一発入っているのと同じ状態になるよう,フォロワーを下げる働きをしているみたいです.ということは,SXR もマガジンが同じものなので,同じことができると思うのですよね.その辺の部品がつけばいいのですが....


*追記*
Verney-Carron の Impact NT One には左撃ちモデルがあります.
画像

左は BAR しかないんだよなぁという人には,こちらも俎上に載せられるかも知れません.

なお BAR はアメリカとヨーロッパで仕様が異なります.ヨーロッパの銃身はフルート(溝)が入っています.フルートのない方が好きな場合はアメリカ仕様を入手することになります.また現行のラインナップでアメリカ仕様には左撃ちはありません.よって,フルートなしの左撃ちがよければ,Verney-Carron の方が近くなりますね.ただ左モデルが現時点で国内にない場合は,輸入するのに時間がかかるので,ほしい人は事前に銃砲店に相談するのがよいと思います.

この記事へのコメント

  • ともぞう

    .338さん

    BAR はできるのですね.SXR も大丈夫そうですが,今度やってみます.
    2019年04月09日 21:03
  • .338

    こんばんは。
    BARを射撃場で撃つときはイジェクションポートからマガジンに押し込み、リリースレバーを下げて装填しております。マガジンへは指一本で簡単に押し込めます。
    2019年04月08日 22:15
  • ともぞう

    排莢口から一発放り込んで,そこからマガジンに押し込むということですよね?狭いからどうかなぁ.手が痛くなりそうですが,今度試してみますね.手を入れると閉鎖されるんじゃないかと怖いんですよね.「真実の口」みたいなものです.笑
    2019年04月08日 21:11
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    BARのビデオ見ました。最後の1発を撃つとボルトが下がったままになりますね。まあそうならない銃は珍しいくらいで、マガジンのフォロアーがレバーを押し上げてボルトを留める仕掛けですね。マガジンを取り出してもボルトはそのまま留まっていました。とここまでは一応の動作確認でしたが、1発ずつ薬室に放り込んで撃とうとするにはボルトリリースが無いのが確かに欠点ですよね。

    私が持っている自動小銃はマガジンタイプでない物があります。これらを1発ずつはボルトリリースが無いので普通は撃てませんが、弾倉部に差し込んで最後の1発にして撃っています。そうすればボルトはレバーを引けば閉鎖できます。なんせ最後の1発な物ですから。

    BARの排莢口からマガジンへの最後の1発が入れられるかどうかは分かりませんがご一考あれ。
    2019年04月08日 11:06
  • ともぞう

    あ,ほんとですね.しかしなんで国内向けに4発,輸出に5発なんでしょう?カテゴリは多分変わらないですよね.フランスの話なので詳しくは知らないのですが.

    日本では多分大手が輸入して,それを小売店に卸すと思います.なので,塩田屋さんに来てるのは,日邦からだと思うのですが....もしかして仕様を間違って輸入したとかでしょうかね??

    この会社のほかのも気になっています.ここでは書けませんが,書くと入らなくなるかも知れないので,書かないでおきます.苦笑
    2019年04月08日 00:44
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    IMPACT NT ONEの実包数は両方とも正解ですね。国内(フランス)仕様だと2発か4発装填マガジンです。但し書きには輸出用は2発か5発装填マガジンだそうです。フランス国内仕様を輸入すると4発で輸出用を輸入すると5発マガジンになりそうですね。あ~ややこしい。

    ネタ元は↓ですがフランス語です、苦笑。

    https://www.verney-carron.com/impact-nt-one

    実のところ数字のマジックかと私は思っていました。1発薬室に装填して4発入りマガジンを使えば合計5発かと深読みしたのですが外れました、苦笑。
    2019年04月06日 19:24