最後の鉄砲鍛冶

久々の図書館シリーズです.以前ヘッポコ猟師さんにお勧めされていた本をようやく読みました.
画像

最後の鉄砲鍛冶 櫻木俊明 著


明治生まれの鉄砲鍛冶であった著者がリタイアするまでの人生を綴った本です.この本がでたのが今から40年以上前なので,今読むと何それ?的なところが多くあります.鉄砲鍛冶を辞めた理由はいろいろあったかとは思いますが,お得意さんが大したことのない量産品に毛が生えたようなものを自慢してきて,見る目のない者に自分が作るものと比べられるのが我慢ならなかったというのがきっかけだったとあります.苦笑

2番径1発で鴨87羽を落とした話とか,現代ではあり得ないことがたくさん載っています.銃工に関しては基本的には自慢しいな感じを受けなくもないですが,銃に対するこだわりはきわめて強く,文章表現能力のない名工が多かった時代に珍しく,著者は文芸にも興味があったことも影響しているのか,明治の人とは思えないくらい表現も平易で現代人でも分かりやすいかと思います.

面白いなと思ったエピソードはいくつもあります.例えば,刀工の手伝いもしたことがあったそうで,いい刀というのは傷口を開かせない刀身の刃の付け方をしているとか.他にも現在につながっていそうなところでは浜田銃砲(東京・外神田)も名前が挙がっていたり,横浜の今井さんって,今もやってらっしゃるあの今井さんの親御さんだったりするのかな?とか.あと当時はカービンとライフルは違うもので,カービンにはライフルが切られていなかったらしいです.ただ定義としてはカービンは短いライフルだと思うので,実際に筆者が扱ったものがそうであったということなのだとは思いますが.そんなのがあったのですねぇ.

よく分からなかったのは,著者がライフルを作るようになったのはその破壊力に魅せられたからとあるのですが,当時でもあった軍用銃を使わなかった理由が,軍用銃は貫通力を考えて作ってあり,猟銃は破壊力を考えて作るから違うのだという下りですね.貫通力は弾頭形状と弾速が一緒なら,弾頭の構造で決まってくるのであって,銃の方で変わる理由はありません.これはおかしいなと思いました.

あとこの本の中では 3006 と 30-06 は別のものとして扱われています.後者は多分 .30-06 Springfield なのでしょうが,前者は何なんでしょう?昔はそういうのがあったのですかね?

ちなみに黒色火薬は燃焼速度が遅いとありますが,それは間違いだと思います.黒色火薬専用の銃に同じだけ無煙火薬を入れたら事故になるので,無煙火薬の方が速いと考えたのだと思いますが,燃焼速度と腔圧は比例するわけではないのを見落としているかなと思いました.

筆者は銃自体のことや,その作り方についてはとても詳しく,今では匹敵する職人さんはいないと思われます.が,その他周辺のこと,例えば弾頭や火薬,狩猟に関しては,その当時まだ知られていなかったなどといった時代背景があるかも知れません.常識などもだいぶ今とは異なり,そりゃダメでしょ的なことはたくさんあります.その辺のことは割り引いても,面白い話がいっぱいでした.(ただ筆者は子供時代家族に恵まれなかったり,戦争で何回も応召したりと,相当苦労したようなので,同じ人生を歩みたいとは思いませんけど.苦笑)

今の流通価格では買う価値があるかは分かりませんが,少なくともこんな時代があったということに興味がある人には読む価値があると思うので,図書館などで見かけたら読んでみると面白いと思います.ヘッポコ猟師さん,楽しい本のご紹介ありがとうございました.

この記事へのコメント

  • ともぞう

    ヘッポコ猟師さん,おはようございます.

    威嚇で音が大事なんですね.なるほど.昔はラッパのようにマズルの広がっている銃もあったようですが,そういうことなんですかね.射撃場で火縄銃を撃っている人がたまにいて後ろで見ていますが,面白そうだなぁと思っています.ただ面倒くさがり屋なので,お手入れを怠ってダメにしそうなので,自分では持たなくていいかと.笑 現代風のマズルローダーの許可が下りない日本には,パイロデックスとかは入ってきてないかも知れませんね.
    2019年05月20日 07:20
  • ともぞう

    主夫太郎さん,おはようございます.

    「頑固であるが故の誤解」なるほどと思いました.私が解説できるようなところは高々数カ所かなと.かなりの激動の時代だったようで,今では想像のつかないようなことが起きてすごかったです.

    一発で87羽はどうなのか分からないですが,バンバン撃って,どんどん落ちてくる鴨撃ちDVDは持っています.アメリカのですが.
    2019年05月20日 07:15
  • ヘッポコ猟師

    こんばんは。
    いつも丁寧なご返信をいただき有難う
    ございます。鉄砲の音についてですが
    ドンパチはじまる前に威嚇に使うことが
    多かったようで音が大事だったようです。
    自分の主観で面白いと書いたのですが
    馬賊戦記上巻は旧満州辺りでの
    冒険活劇的内容で下巻は上海辺りでの
    黒社会の話になりますので好みが
    あると思います。よく読書した頃の
    それも好きな鉄砲の出てくる本ばかり
    覚えているものですから。
    以下、ご参考になりましたら。
    黒色火薬使うと特に冬の寒い朝は煙幕
    張った様になります。当たったかどうか
    わからない時があります。においは芋を
    食べた時のおならに近いです。
    掃除の時はススと油で床に敷いた
    新聞紙もぼろ布も手も真っ黒です。
    沢山撃った日は顔も黒ずみます。
    真鍮薬きょうも割りばしとぼろ布と
    石鹸水でゴシゴシ洗います。
    鉄砲撃った充実感が味わえます。
    最近の黒色火薬代用品は使用感が
    違うかもしれません。


    2019年05月17日 22:32
  • 主夫太郎

    ともぞうさん こんにちは

    面白そうですねぇ。まぁ、職人さんが書くんですから頑固であるが故の誤解も楽しいところでしょう。ともぞうさんが解説つけて復刻版出版するのもいいんじゃないですかねぇ(笑)
    それにしたって87羽、嘘か本当か....
    鴨には可哀そうですがそんな映像見てみたいですねぇ。
    どうやって捌いたんだろう...

    2019年05月17日 18:35
  • ともぞう

    ヘッポコ猟師さん
    馬賊戦記ですか,また古い本ですね.調べてみたら下巻のみ図書館にありました.屁のような音が出る鉄砲があったのですねぇ.今だったら空気銃のことかと思っちゃうでしょうね..

    この著者の新しい本では「北海道カウボーイ物語」というのがあって,ちょっと気になります.銃が出てくるかは分かりませんけど.
    2019年05月17日 18:12
  • ともぞう

    ヒロシさん

    ライフルを切ったとライフルが切られたでは大分違いますね.笑 昔学校の実験で黒色火薬を作って火を付けたことがありますが,あれは危ないですよねぇ.もちろん少々ではありましたが,あれを自分で作ろうとは思いません.ただ黒色火薬銃を一度撃ってみたいという気持ちはあります.そのときはよろしくお願いします.笑
    2019年05月17日 18:05
  • ヘッポコ猟師

    楽しんでいただけて良かったです。
    ヘッポコが読んだのは40年ほど前なの
    ですが著者の人生に感銘を受けたので
    今も覚えているのだと思います。
    (ライフルの線条が多いほど威力がある。)
    とかは昔は考えや認識がそんなふうだった
    のかなとか思いました。
    ライフルの切られていない銃身に
    ついてですが米国の戦時量産製品には
    二つの丸をぎりぎりまで重ね合わせた
    ような断面の二条のポリゴナルみたいな
    のがあったらしいのでメトフォードや
    エンフィールドを見慣れていたら
    ライフリングが(無い!!!)と
    思ったのかもしれませんね。

    マタギ聞き書きは三分の一くらいまで
    読みました。興味津々な内容ですが
    目が疲れまして。

    朽木寒三著 馬賊戦記上下巻では
    モーゼル拳銃など詳しくて面白かった
    です。(銃はプスッと屁のような音のは
    だめででかい音のが良い。)とか銃の
    実際に関しては(ほほう。)的内容でした。
    2019年05月16日 15:37
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    面白い本ですね。カービンとライフルの違いには驚きました。一瞬「カービンはライフルを切った物」のタイポかと思いました。ネット検索すると基本の長い銃があって、それから短い物を作ってカービン銃と書いてありました。例えばM16(長い)とM4(全く同じ作りで全体を短くした銃)とかが良い例ですが。初めから短かく作ったカービン銃もありますね。昔の黒色火薬銃を見ると身長くらいある銃があったので、最近の銃はみんなカービンとも言えますが、微笑。もう一つ余談ですが、アメリカ人は「カーバイン」と言いますがまちがいみたいです。「カービーン」が正しい発音と聞きました。

    黒色火薬と無煙火薬の燃焼速度の比較には疑問があります。大きな疑問は比較できませんよね。何といっても黒色火薬は爆薬で爆発します。無煙火薬は燃焼します。そして昔から燃焼速度の調整にたくさんの火薬製造会社が苦労しています。
    2019年05月16日 08:41