アマチュア森林学のすすめ

今回の図書館シリーズはこちら.

shinringaku.jpg


西口親雄著,アマチュア森林学のすすめ・ブナの森への招待です.

アマチュアとは題しているものの,著者は林学科で森林動物学を専門とし,演習林でも教鞭をとっていた方ですので,森林とそれを巡る生態系に関しては専門家です.特にこの本ではブナの森を主題としていますが,他の樹種との関連や,昆虫や鳥,ほ乳類など森に住む消費者,菌類や昆虫などの分解者といった循環についても解説されています.

私がこの本を借りた動機は森の中でのイノシシに関する知見を得たいということでした.しかしシカの方が植生への影響が大きいのか,シカについては解説がありましたが,イノシシについては触れられていませんでした.シカの食害についてもですが,他の動植物との関連性を考えると,自然には自動的にバランスをとるような仕組みが備わっており,人間がとやかく手を出すべきではないというお考えでした.またオオカミの再導入に関しても否定的なお立場でしたが,自然の営みの妙を考えると確かにそうだなと得心いたしました.

これらの知見から考えると,農業被害に関しては,有害駆除に税金を投入する付け焼き刃的対応よりも,しっかりとした侵入防止にその分の費用をかけるようにした方が良いだろうと思います.短期的には設備に費用がかかりますが,根本的解決であり,長期的にはそのほうがかえって経済的になる可能性もあります.ただ農業被害がなくなると,農家から見てハンターは益する存在ではなくなるので,現在のように温かく対応してくれたり,感謝されることもなくなると思いますが.苦笑 まあそれは置いとくとして,すると個体数調整のための有害駆除は行わなくても,獲物の増加もしくは狩猟税軽減といった魅力によりその分狩猟者が増えたり,あるいはそれ以上に個体数が増えてもそれを減らす方向に自然は環境を制御すると考えられるからです.まあそれは理想論であり,実際にはたくさんの問題があるから,今のようなことになっているのでしょうけども.

というような感じで,いろいろ考える素地を与えてくれる本でした.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • ともぞう

    主夫太郎さん,こんばんは.おかえりなさい!北海道の記事楽しみにしています.

    ところでこの本の著者は森の中の生態系についての専門家のようで,昆虫やら鳥やら,いろんな生き物同士の関わりなどに詳しくて,結構面白い本でした.

    他にもいろいろ書いているみたいなので,機会があったら読んでみたいと思います.
    2019年10月29日 21:36
  • 主夫太郎

    ともぞうさん こんにちは

    北海道の森から帰ってきました。
    森ってのは林道があるから人間が入れるわけで、林道からそれて森に入ろうと思ってもなかなか入る気になれないですね。僕等素人には森ってのはほんの一部しか見えないもんですから、プロの知見というのは有難いと思います。

    まぁ、農家さんとハンター、なるべくお互い嬉しい関係にいたいですねぇ。鳥撃ちなんで特にそう思います(笑)適当なところで折り合いつけて今後も撃ちたいなぁ。

    2019年10月29日 10:16