meplat まわりを考える

射撃というと銃にこだわる人は多いと思いますが,究極一番大事なのは弾頭なのです.銃はその弾頭を投擲する手段にすぎません.もし同じ弾頭が同じ弾道,弾速で飛翔していれば,発射した銃が拳銃であろうと大砲であろうと,更に極端なことを言えば手で投げていようと(さすがにそれは無理だけど),目標に与える作用は全く変わらないのです.そして今時の銃はそんなひどいのはないですからどれを使ったって大した差は無いと言えなくはないわけです(極論).まあ趣味ですからどこにこだわったって,それは好みの問題ですけどね.

というわけで,銃へのこだわりは射撃を始めて早々に吹っ切れた私の軸足は,長いこと(今でも)弾造りにあるわけです.そして前で述べたように,結局のところこだわるべきは弾頭そのものだなぁと.鋳造弾は楽しいけども,やっぱり市販弾頭ってよく考えられていていいなぁと思うのです.そのため,そこをもうちょっと改善したいと考えたときに,自分で出来ることといえば meplat に注目することだろうと考えました.meplat というのは弾の先っぽのことを言います.

meplat.jpg


ここが変形していると命中精度に差が出ると言われています.まあ定量的に評価する腕は私にはないですけど.笑 ちなみにこの部分をトリミングする道具が売られていました.

t_749006098_3.jpg


これを使ってみようかと思ったのですが,なんとディスコンです.他にはあるかな?と探すと,midway にはこんなのがあります.

366545.jpg


これも良さそうですが,ここのお店は日本に送ってくれないので,買うとしても今度渡米の際についでに買ってくることになりそう.まあそんなに急ぐことはないからそれでもいいか.

あとはこんなのもあります.Whidden の bullet pointing die です.

t_749008241_1.jpg


しかしこれは前者二つと違うものです.

前者に関しては meplat をまっすぐに削る製品ですが,実は meplat が大きくなると BC 値が大きくなり,drag (弾頭の進行を妨げるように働く力)が増えるとされています.最後の die はこれを小さくするための製品で,長距離射撃には有利に働くと考えられます.なので,これらを併用することが優れた弾頭を作るのには望ましいと考えられます.まあそこまで長距離なんか撃つ機会はないのですけどね.笑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

  • ともぞう

    ヒロシさん

    ロット買いというのは Sierra だったらC箱ですかね.一回買ったことがありますが,もう撃ちきりました.笑 私のことですから,ソーティングなどせず,さっさと撃っちゃいました.笑

    ここで書いた弾頭の頭を削るトリマはディスコンになってるので,あまりにニッチだったってことなのかなと思ったのですが,あるいはアメリカの底深さからすれば,もっといい道具があるのかも.

    コリオリの力とか遠距離射撃とかだと関係あると言いますけど,右回転,左回転は面白いですね.弾が右旋すれば,銃身は左旋方向への偶力が発生するので,ストックには右向きの力が働くから,右撃ちの人は良いけど,左撃ちの人は頬をはたかれるから,左旋がいいとかはあったりして.
    2020年02月24日 10:37
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    弾の先を削るなんて考えてもみませんでした。私の調べた弾関連の記事とか話ですと、同ロットの弾を大人買いして、重量、長さそして形状で仕分けして慣らし用、暖気用、射撃用と使い分けしていました。私の持っている(鉛を買った時にオマケで付いてきた)ターゲット用168と190グレイン弾はロット買いで合計800発もありました。残念ながら射撃手が使い切ることなく亡くなってしまい弾だけが私の手元に来ました。

    こういう道具ってRail Gun(Benchrest)とかやる人は必要なのでしょうね。気象条件は当たり前、地球の自転とか経度による引力の変化を補正して...なんてね。補足として弾は右回転より左回転の方が手持ちの銃に合うなんて会話が飛ぶ射撃会を勝手に想像しています、笑。
    2020年02月24日 03:59