ダイをクリーニングする

ダイって結構汚れるので,几帳面な人だったら頻繁にお掃除されると思うのですが,私はかなり杜撰なのであまりしません.でもこの間新しいダイを仕入れたときに保管用のオイルが付いていて,これが結構べたつくので,瓶にミネラルスピリットを入れて落としたのですね.それを使って,ついでにいろいろお掃除しようと思ったわけです.

とりあえずはこちらのサイジングダイかな.

diecleaning1.JPG


まずはバラします.

diecleaning2.JPG


ステムは外しても良いけど,汚れるのはボタンくらいだし,ここをバラしちゃうと瓶の中から拾いにくいのでここはそのままで.ぼちゃんと.

diecleaning3.JPG


うーん,汚いなぁ.

diecleaning4.JPG


これはもともとこうでした.

diecleaning5.JPG


これもちょっと黄色いですけど,これは新品の時についている保管用のオイルを落としたためです.当然使用前は無色透明でした.クリーニングするとドロドロになっちゃいますね.苦笑

何分かしたら取り出して,内側は Q-tip でフキフキ.

diecleaning6.JPG


真っ黒です.でもこのあとまた新しい Q-tip で拭いたら黒くならなかったので,きれいになったみたいです.めでたしめでたし.

最後にちょっとオイルをふいて終了.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ともぞう

    ヒロシさんちは,ウェットタンブラーにかけてからサイジングされていると思いましたから,私のよりはずいぶんきれいじゃないでしょうか.やっぱりそのままやってると相当汚れるものだと思いました.
    2020年03月31日 21:20
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    これは良い考えですね。私も帰ったら(帰れたら?)早速やってみましょう。今までは問題が無ければそのまま使っていたので相当数のサイジングをしていたかと思います。今まではサイジング後にグリスを拭く時に違和感や傷などが無いかの確認のみでした。3000個余りの300 Blackoutをグリスも付けずにサイジングをしていて、縦にうっすらと傷が付き始めて初めて掃除をしました。掃除と言ってもこびり付いた真鍮を落とすので、スチールウールをブラシに巻いて使っていました。その後にはグリスを付けながらのサイジングに変更しました。考えてみると結構野蛮な掃除のやり方ですね、反省。
    2020年03月31日 20:54