Bravo 1.5 のシースを作る・3

今猪猟に持って行くメインアームは Bravo 1.5.ライフルじゃないんかい?と言われそうだけど.笑
bravosheath1.JPG

付属の革シースは格好良いのですけど,使った後にはきれいにしてからじゃないとしまえません.もちろんすぐに洗えるカイデックスで作るつもりでいて,その成型はとっくにしてあったのに,長らく仕掛品の状態で放置されていました.苦笑 この間片付けをしていたら出てきたので,思い出したように作業再開です.といっても,もう成型もリベット止めも終わっていたので,ベルトサンダーで周りを削っただけで完成です.
bravosheath2.JPG

シャキーンと収納.
bravosheath3.JPG

ハンドルの部分でうまく引っかかるようにしました.意図的に引っ張らないと抜けないようになっています.
bravosheath4.JPG

とりあえず佩くときはヒモで吊るつもりですけど,やっぱりベルトクリップ買ってこようかなぁ.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ともぞう

    ヒロシさん

    見た目がカーボンファイバーっぽいカイデックスを使っていますので,なんとなくそんな感じに見えると思います.もちろんなんちゃってです.笑

    皮むき包丁は薄いので折っただけで作れましたが,ここまでゴツいナイフでは鳩目がないと保持出来なそうです.ただその所為で,周りにどうしてもマージンが必要になるので,羽根付き鯛焼きみたいになってしまいますね.
    2020年11月28日 10:39
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    シースカッコ良くできましたね。カーボンファイバーっぽい感じですね。真空パック無しでこれだけできるのは凄いです。
    2020年11月28日 01:21