鴨鋏を買い換える

鴨の解体にはなんといってもハサミですよね.うちではこんな感じのものを使っています.

kamobasami.jpg


キッチンじゃなくて工具箱がふさわしいような,元はといえば薄い金属板などを切るようなハサミなので,工具屋で買っています.

鴨の骨はもちろん,羽根も割と固いみたいで,最初はサクサク切れたのが段々と切れなくなってきます.うちくらいの使用頻度だと 2, 3 年ごとに買い換える感じですね.カシメてもだめになったら買い換えてます.メーカーもいろいろ試しましたが,最近は FUJIYA の出番が多いかな.まあいずれにしてもそれほど高いものじゃないし,研ぐのも大変なので,消耗品と割り切って使うのがいいかも知れませんね.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • ともぞう

    デビラさん

    私は割と工具にはこだわるほうで,取引先の関係でうちにあるのは海外メーカーが多いのですが,近年は日本のメーカーからも選ぶようにしています.ただうちにあるフジ矢はあとニッパーが一本あったかな?くらい.このハサミは鴨鋏としてなかなか秀逸だと思うのですが,残念ながらディスコンのようです.流通在庫があるうちに買い足しておこうかな.笑
    2021年02月01日 20:48
  • デビラ

    実は私 フジヤの製品モニターをしていた事があります。当時のモニター品は今でも私の愛用品。金切鋏はモニター品でなかったため、今使っているのは百均の製品。クオリティーの差は歴然だけど、使い捨てだとあまり気になりません。
    2021年02月01日 20:25