鳥屋マフを直す

イヤマフは電子式も含めいくつも持っているのですが,左右独立式のほうが電池の持ちが良いですね.鳥屋の場合はライン入力が要らないので,こちらのシンプルなイヤマフを使っています.

toyamuff.jpeg


二昔ほど前に買った安いモデルで,当時数十ドルだった記憶がありますが,未だに現行か分かりませんけど,同じモデルを日本で買うと3万くらいするみたいです.これが何年か前からだったか右が聞こえなくなりました.鳥屋でしか使ってなかったので,それでも不自由はなかったのですけど,気持ち悪いので直すことにしました.

分解して回路を観察しても壊れるような部品は限られています.そこでよく見たら腐食している部分がありました.磨いてリワークしたらあっさり直ったので,もっと早く直せば良かったと思いました.笑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • ともぞう

    デビラさん

    スポンジは私も無しのままで使ってますよ〜.
    2021年02月05日 20:31
  • デビラ

    集音マイクのスポンジがダメになりスポンジ無しで使っています。通販サイトで見つけましたが在庫なし。何時迄待っても入荷無いです。
    2021年02月05日 20:22
  • ともぞう

    ヒロシさん

    テスタであたって電源が供給されていないことが分かったので,その辺のリワークをしたら,運良く不動原因がそこだけでした.
    2021年02月05日 07:22
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    簡単な修理で良かったですね。私も以前知人のイヤマフを修理したことがあります。彼は射撃場で働いていたので、使用頻度が凄く左右を繋ぐ配線が切れていた物を再構築しました。彼はリローダーが使わなくたった火薬や弾を優先的に回してくれたので良しとしましょう。
    2021年02月05日 07:01