羨望の Mae

youtube に C&Rsenal というチャンネルがあります.そこにメイさんっていう女性がいろんな銃を撃つ動画があがってます.中でも私が特にいいなぁと思ったのは三十年式ですね.
maem30-1.jpg

maem30-2.jpg

maem30-3.jpg

いつもなのですが,めちゃニコニコしながら撃ってるのがかなりシュール.いつも片目をきれいに閉じて撃ってるところからすると,射撃自体が好きなのかは疑問ですけど,いろんな銃が撃てるのはうらやましいです.笑 そうそう,この銃,菊の御紋がちゃんとついてます.
maem30-4.jpg

削りとられてしまっているのも多いらしいですね.数も多くて目にする機会の多いのは三八式のほうで,ぱっと見は似ており,海外ではどちらも Arisaka rifle と呼ばれていますが,三八は有坂成章大佐(後に中将)が開発した三十年式をベースに南部麒次郎少佐が設計したものです.三十年式は三八に比べて古く,生産数も一説には五分の一程度と少ないため,割と珍しい銃です.そんな三十年式になぜこだわるかというと,有坂さんがうちのご近所さんだからって理由なんですけどね.笑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ともぞう

    ヒロシさん

    里帰りする Arisaka もあるんですよ.ただし,無可動実銃に不可逆改造されるため,二度と射撃をすることは出来なくなります.もったいないので,いつか日本でも所持許可がでるようになるまで,そのままアメリカに持っておいてもらいたいです.
    2021年02月19日 12:19
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    菊の御紋付きArisakaなんて羨ましいですね。戦中戦後と刀同様のブン捕られ品なのでしょうね。まあ浮世絵の版木同様アメリカに持って行かれたからこそ現存しているわけですね。日本に残っていた物は鉄くずにされ、再利用でブリキロボットとして輸出されたりしていたでしょうね。コレクターだけでなく、撃ち易いのでハンティング用に改造されているとも聞いています。残念ですが、泣。
    2021年02月19日 09:35