狩猟登録受付開始

猟友会から案内が来ました.必要なものは

1. 写真 (30×24 mm) :1県2枚.眼鏡使用の人は眼鏡をかけた写真
2. 銃砲所持許可証
3. 印鑑
4. 狩猟免状 :自己保管の場合
5. 費用 :4万弱(1県登録)

だそうです.北海道の初猟に間に合わせるには急がないといけませんが,私は今年の予定はないので,9月上旬に持って行けば良いみたい.まぁ,忘れると困るから早いところ行っておきましょうかね.
cooking_gibier_jibie_ryoushi.png

スコープのレンズクリーニング

新品の時に保護フィルタをつけるべきだったのですが,それを怠ったために結構汚れていたスコープのレンズをクリーニングすることにしました.フィルタをつける前に掃除をしておかないと,カビの元ですからね.

使ったのはレンズペン.

lenspen1.jpg


付属の刷毛で大まかな埃などを落とします.

lenspen2.JPG


だいぶ綺麗になりましたが,それでも結構汚れています.これをレンズペンで綺麗にします.カーボンが出てきて,それで汚れを巻き込んでいく方式だそうです.

lenspen3.JPG


だいぶ綺麗にはなりましたが,期待したほどではなかったです.レンズペンは指紋とかを落とすのにはいいですが,何年も固着した汚れには力不足みたいです.ウェットクリーナを用意した方が良さそうですね.

スコープに保護フィルタをつける

主だって猟用にしている SCHMIDT☉BENDER や Swarovski の対物には新品のうちに保護フィルタをつけましたが,紙撃ちに使っている March 3-24x42 (D24V42FIML) には今までつけていませんでした.

しかし紙撃ちだけといっても何年も使っていればそこそこ汚れはつくものです.これはまずいなと思って,ヨドバシのポイントもたまったことだし,フィルタを奢ってやることにしました.

現物を測ったところ,対物に 46mm, 接眼に 37mm があいました.
filter1.jpg

まずはレンズを軽くクリーニングします.本当はクリーニング自体もレンズを傷つける行為なので,控えた方が良いのですが,まあ仕方ありません.
filter2.JPG

つけるとこんな感じになります.
filter3.JPG

猟だったらアイピースをつけた方がいいかも知れませんが,紙だからこのままで.対物もこんな感じで取り付け完了.
filter4.JPG

ネジはついてますから,フードはこの先につけることも可能です.

久々のフルロード

最近は弱装ばかり撃ってたのですが,今度 300m に行こうという話になっているので,ぼちぼちフルロードも組んでおかないと,そしてサイティングの確認もしておこうとこんなレシピで組んでいきました.

30-06
150gr SPT
H4895 - 25.0/50.0gr


nikko2008.JPG


相変わらず弱装は煤けますが,まあそれは仕方ない.それよりフルロードの方はこんなのが出てきてしまいました.

shiwabrass.JPG


ウェブ上にシワが入っちゃってます.これらも10回くらいは使ってるとは思いますけど,やっぱり寿命は短くなりますね〜.こんなのがフルロード25個中3個もでちゃったから,残りもしっかりチェックしておいたほうがよさそうです.ぼちぼち新しいの下ろすかな?

🍇着弾🍇

今夏も Kuma仙人さんから🍇が到着しました.
grape2020.JPG

早速つまみ食い.うん,うまい!!デラウェアは Kuma 仙人さんのしか食べてません.これに慣れてきちゃったので,その辺に売ってるのがトビッコ並みの小粒に見えてしまいます.笑

もう時期が終わるところ(発注は8/20(今日!)まで)みたいです.今年はお米も注文したいと思っています.Kuma仙人さんの農場の作物に関してはこちらをチェックしてみてくださいね.

Hodgdon Reloading Data Center が Metric 対応に!

すでに実験済みのレシピに関しては,自前のノートに書いてありますが,新しい火薬を試したりするときには,本やウェブでレシピをいくつか調べます.私の場合,その中の一つが Hodgdon Reloading Data Center です.

hodgdonreloading_metric0.jpg


何気なくこれでデータを見ようとしたら,なんと単位系に Metric が選べるようになっているではありませんか.

hodgdonreloading_metric1.jpg


試しに Metric を押してみたら....

hodgdonreloading_metric2.jpg


弾頭径が 7.823mm ってなんだそれ?実は 0.308" のことです.COAL は 82.550mm? そんなミクロン単位まで書かれても....挙げ句薬量は grain のままだし,腔圧も CUP や PSI です.半端感は否めません.

ちなみに Imperial だったらこうなります.

hodgdonreloading_metric3.jpg


全然なじみのある数字ですよね.

日本で生活している私でさえ,リロードの世界にどっぷり浸かると,少なくともその世界の中に限っては inch の方がなじみ深くなります.ここを無理に metric にすると,かえって分かりにくい数字に感じられますね.アメリカ人がいつまでたっても metric にやってこれないのも,気持ちは理解できます.まあ住んでたこともあるから余計かな.