はっとりさんちの狩猟な毎日

yattokita1.jpg


はい,あっという間に読み終わりました.イラストが多く,文字数も少ないですから,ご飯後のまったりお茶タイムで読了.

基本的には予想通り,野生な旦那に引っかき回される奥さんの話でした.笑 うちも似たようなものかも知れないけど,幸い私は登山に興味がないので,自分の方が奥さんに心配をかける度合いは低いと思ってます.笑

面白かったのは,こういう家に育った娘さんは,積水ハウスにニトリの家具が夢らしい.笑 まあ,価値を理解できるのは実際にその夢を叶えてからかも知れませんけど.

内容は狩猟とは関係なかったです.旦那が狩猟でとってきた肉を食べてる,というだけ.狩猟に関わりの無い人だと,お弁当にヌートリアの唐揚げが入ってるだけで「ザ・狩猟!」って感じなのかも知れませんが,狩猟成分を期待して読むと,それははずします.でも割と面白かったですよ.

さてこの本ですが,実はもう私の次の予約も入ってるので,早々にお返しします.

メーガン弾

メーガンというのは,イギリスのヘンリー王子の奥さんのことです.お父さんであるチャールズ皇太子が,嫁のメーガン妃にタングステンってあだ名を付けてたらしいんですよ.タングステンはとても硬い金属ですから,それだけ性格がキツいということを言ってるようです.

いつか日本でも非鉛散弾が多くなってくるかも知れませんよね.もちろん鉄弾の方が安いのでそっちがメジャーになるとのではと思いますが,それでも高級な非鉛散弾実包にはタングステンとか使われているかも.そのころは,高い非鉛散弾は「メーガン」と呼ばれるようになってるかも知れません.笑

taihou_hassya_man.png

やっときた〜

図書館からメールが来ました.予約していた本が届いたらしい.それはこちら.

yattokita1.jpg

はっとりさんちの狩猟な毎日


やっとですよ〜.これを頼んだのは夏だった気がする.予約状況を調べてみると8月下旬に予約を入れて,ようやく順番が回ってきたことになります.5ヶ月もかかりましたよ〜.苦笑 だったら,買えよというところでしょうけど,こちらも買えない事情があり....とりあえず明日にでも借りてきましょう.

いや,それライフルじゃないから

O君から絵付きメッセージが入電.
dnc2020.jpg

「まとまり悪いですねぇ」だって.笑 でも私はこのくらいだけどなぁ.笑

さて,タイムリーなので知ってる人はすぐ気づくと思いますが,実はこれ,昨日のセンター入試,英語の問題なんです.
dnc2020-2.jpg

射撃やってる人だと,問題文も読まずに答えが分かっちゃいますよね.笑

この問題の前に長文があってその中で,境界に当たったら点数の高い方で計算とか,そういう射撃と同じルールが書かれているのですが,それを読めたかどうかという小問です.長文自体は,小学生が床の的紙にテニスボールを投げるのですが,どう練習すればより上手になるか,という内容でした.

がっかり Wolfe

以前よりこちらの雑誌を購読しておりました.

HL324Cover.jpg


うちの書架はいっぱいなので,雑誌は基本的に自炊(裁断してスキャンで pdf 化)します.この雑誌は電子版(pdf)があったので,それを購読していました.するとそれは3誌パックになっていて,Successful Hunter と Rifle 誌がついていました.これらはそんなに興味はないですが,おまけだから読んでいたくらいな感じ.

そんな昨今だったのですが,この出版社が先日サイトをリニューアルしたというので見てみると,ログインしてもダウンロードページがありません.おかしいなぁ,クレジットカードにはチャージされてるんだけど....subscribe のページを見ると5誌パックで $23.97 になってるぞ??でも昨年末のクレジットカードへのチャージは $19.97 でした.

どうも従来の3誌パックがなくなって,今年からは5誌パックになってしまったようです.残り2誌は押し売り?苦笑 でも私の場合は,昔の3誌分の価格だから文句もないですけど....いや,そもそもダウンロードページがないのはおかしいだろ?というわけで,早速メールしてみました.すると,まもなく返事が来て,ショッキングな事態が判明.

それはなんと従来の pdf をダウンロードするのはなくなったということなんです.記事は基本的にウェブ上にあって,それを読んでね,プリントもできるよ,とのこと.パソコンだとめっちゃ読みにくいんですけど.....やっぱり紙面に載せるように編集された形状ではないので,プリントすると読みにくいですしね.ブラウザ上でも記事の移動とか使いにくいなぁ.

ただ利点もあります.私は3誌分しか払ってませんが移行措置なのか,5誌パックに入っている Black Powder Cartridge News と,Upland Almanac も読んで良いらしい.あとはバックナンバーも読めます.それにオンライン限定記事も少しあるようです.

OnlineSubCoversR.jpg


でもさ〜,黒色火薬は使わないし,upland も日本とはずいぶん違う上に,私のメインは waterfowl だからあまり読みたい内容はなさそう.こんな感じで不満ばかり言ってますが,具体的にどんな風に見えるかと言いますと,紙面でこんな記事があったとして...

Handloader324.jpg


これの同じウェブ記事をみると

webkiji.jpg


という感じです.なんで読みにくいのかなぁと思ったら,ウェブだと1段組だから横に長すぎるんですね.誌面は3段組です.これは日本語でも同じですね.小さな画面のスマホで読むのにはいいのでしょうけど,私は 27" で見てるからなぁ.あとは1誌づつ手元にファイルをとっておきたいというのもあります.オンラインだと各ページは保存できても,記事毎にバラバラのファイルになっちゃいますからね.

ところで主に興味のあった Handloader 誌ですけど,日本で一般に使われているようなカートリッジの話題ってとても少なくて,何年もとってるけど,ほぼ記憶に無いんですよ.あ,最新号に 308 がちょっとだけ載ってるか.まあいずれにしてもそろそろ卒業かなぁ.今年はもう自動更新になっちゃってるから,今年いっぱいかな.でも一応前の方がいいよとメールしたので,もしこれが聞き入れられちゃったら,また更新しちゃう可能性もないとは言い切れないかも.笑

リードじゃないよ レッドだよ

いくつもの射撃関連ページでリード弾という語を目にしました.最初は曳光弾じゃないし,何か誘導するような何かがあるとも思えないし...と考えたら,これは lead のことを言ってるんだと分かりました.

rare_metal.jpg


lead って日本語でもリードするとかいいまして,先行するとか先導するとかいう意味では「リード」に近い発音をしますが,鉛の意味で使うときは「レッド」と発音します.

しかしカナで書かれると,元がなんだったかわかりにくい言葉は多いですね.経歴にもよるから個人差も大きいでしょうけども,生粋の日本人からしても発音自体違う風に書かれたら,意味を拾うのに苦労します.日本語にしても冗長にならないなら漢字で書いてもらった方がいいかも.

タップがないっ

タップってこれのことなんですが...

oalgauge-1.jpg


欲しいのがなかなか見つからないんですよ.呼びは 5/16"-36 です.これでピンときた人はここには多そう.笑

国内で 5/16-32 は見つけましたけど,36 じゃないと意味ないですからね.何に使うかというと,答え合わせはこちら

oalgauge-2.jpeg


知ってる人には蛇足ですけど,薬莢のベースに穴が空いてますよね.そこにこれでタップを立てたいのです.これは何かというと下の over all length gauge に付けるためのケースです.

oalgauge-3.png


これと組み合わせて,薬室のサイズを測るわけです.

oalgauge-4.jpeg


正確にはシートの深さをこれで決めるというわけ.ライフルに咬み込む直前くらいにするとよいという話がありまして,そういう弾を作るにも使えます.(というか,もともとそういうためにある)

Hornady 純正のケースはだいたいのキャリバーは $5 位で買えるので,数種類くらいまでならタップを買うよりケースを買った方が安く済むのは分かってるんですけどね.笑 自分で作ったのを使ってみたいだけです.ほら,将来増えるかも知れないですしね.例えばアメリカだとHome Depot あたりには売ってそうですが,送料かけてまで買うものでもないので,今度行ったときについでに買ってこようかなと思っています.