バンビのシカモコ

ロコモコっぽい創作料理です.
shikamoko.JPG
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

バンビバーグ

あとは後ろ足ですね.これは大きいので骨付きのままだと焼いたり煮込んだりが 難しいです.素直に肉を外していって,例えば...
bambiberg.JPG
美味しいですねぇ.ただ何肉?と言われても,クセがないので分からなそう.笑
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

バンビあんかけ焼きそば

昨日の派生ですが,ポトフのスープであんを作って,あんかけ焼きそばです.
bambimaeashi4.JPG
具にはバンビは入っていませんので,あんにシカだしが出ていることになります.美味しいんだけど,言われなければ,いや,言われても,シカって感じしないなぁ.
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

バンビポトフ

リブの次は前足です.
bambimaeashi1.JPG
このままだと鍋に入らないので,関節で外します.
bambimaeashi2.JPG
一度軽く茹でてきれいにし,また煮込みます.味付けは塩のみ.野菜もすこし入れます.一晩おいて骨だけ引き抜きます.で,ポトフのできあがり.
bambimaeashi3.JPG
塩だけとは思えない,良い味わいがします.骨ごと煮込んだのがよかったのでしょうね.

バンビ着弾

北海道のAちゃんから着弾です.
kozutumi.JPG
あれ?いつもより箱が小さいかも?と思いましたが,それでも中身はぎっしりで8キロくらいはあります.バンビちゃん一頭分とのことです. とりあえずまず一食目はリブのローストをば....
bambiribyaki.JPG
バンビちゃんはエゾシカっぽい味はあまりしないですね.癖が全くなくて,食べやすいです.これならジビエ初心者にもいいかも? そうそう,ナスDがサメを一匹全部食べきるって企画ありますよね.
thumb002.v1613634960.jpeg
うち,あれのシカ版やるわけです.さすがに寿司は握らないけど.笑
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

鴨タコライス

妻の創作料理です.
kamotacorice.JPG
スパイスが効いているので,鴨っぽさは薄くなりますが,見た目の期待より美味しかったです.
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

鴨鋏を買い換える

鴨の解体にはなんといってもハサミですよね.うちではこんな感じのものを使っています.
kamobasami.jpg
キッチンじゃなくて工具箱がふさわしいような,元はといえば薄い金属板などを切るようなハサミなので,工具屋で買っています. 鴨の骨はもちろん,羽根も割と固いみたいで,最初はサクサク切れたのが段々と切れなくなってきます.うちくらいの使用頻度だと 2, 3 年ごとに買い換える感じですね.カシメてもだめになったら買い換えてます.メーカーもいろいろ試しましたが,最近は FUJIYA の出番が多いかな.まあいずれにしてもそれほど高いものじゃないし,研ぐのも大変なので,消耗品と割り切って使うのがいいかも知れませんね.

コガモのロティ

コガモくらいなら捌けるようになった妻がささっと作ってくれました.
roti.JPG
コガモのロティです.クミンで香りづけされていて,カレーな味付け.美味しかったです.
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

年越しそば

今更ですが,写真が出てきたので載せておこうかなと.
kamosoba.jpg
鴨南蛮です.鴨の在庫もあと少し.また獲ってこなくては.笑
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

クリスマスディナー

クリスマスと言えば,七面鳥の丸焼きというイメージがありますよね.実際にあんなのが出せるのは大きなオーブンがあるアメリカとかの家の話かなと思います.あれって雰囲気は最高ですが,パサッパサで正直そんなに美味しいわけではありません.で,うちでは子供の時からチキンでした.(そもそも七面鳥なんて売ってるの見たことなかったなぁ) ところが今年のクリスマスはチキンも鴨もうちには在庫なし.あるのは猪だけでした.せっかくならギャートルズしたいです.
gyatoruz.jpg
幸い先日小さい猪の足(骨付き)をもらっていたので,それを焼くことに.すると,チキン感がすごいです.
xmasdinner.JPG
前足なんかは筋っぽいから犬用だと言われていたのですけど,じっくり煮込んだところ,ホロホロで柔らかい,チキン型ギャートルズ肉となりました.とても美味しかったです.ただこんな風に食べてしまうと,取り分を奪われた犬に恨まれて,私の前には獲物を出してくれなくなるかも知れませんね.笑

鴨塩ラーメン

スープは3羽分の鴨ガラをじっくり煮込んた出汁をベースにした塩ラーメンです.
kamoramen2.JPG
味は鴨ガラにちょっとだけ塩が加わっただけですけど,これもメチャウマでした.
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

鴨南つけ麺

スープに沈んでしまい見えませんが,ロースト鴨のスライスが載ってます.
kamoramen1.JPG
うん,うまい!
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

かもも焼き

初猟の鴨を早速食べたいと思いますが,まずはモモをば...
kamoashi.jpg
スパイスをまぶして焼き上げた,鴨のもも,すなわち「かもも」です.え?言わないって?笑 鶏モモに比べて筋っぽさは感じますけども,濃厚な味わいでありました.

山魚カレー

Aちゃんに送ってもらった山魚セットですけど,いろいろ料理して食べております.今回はカレー.
yamamecurry.JPG
焼いたの載せてるだけですけど,美味しいです.
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

北海道のイワナ・ヤマメ

いつもエゾシカを送ってくれるAちゃんが,今度は釣りに行ったようで,イワナやヤマメを送ってくれました.
iwanayamame.JPG
丁寧に一匹づつラップして冷凍してあります.鹿を送ってくれるときも,Aちゃんはとても処理が丁寧なんですが,魚も几帳面にやってくれるので,こちらに届いてからすぐに調理には入れるのがありがたいです.どんな料理にしようかな?
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

ルーローハン

一般的には魯肉飯ですが,ここでは鹿肉飯と書きます.笑
rurohan.JPG
魯肉飯の肉を豚でなく鹿を使えばOK.笑
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

鹿サラダ

生野菜とドレッシングにつけ込んだ鹿肉で鹿サラダです.
shikasalad2.JPG
暑くて食欲のない時でも進みます.

鹿スープ

鹿肉とトマトを煮込んで野菜を加えたスープです.味付けは塩のみ.
shikasoup.JPG
シンプルだけどもかなり美味です.

ホイコールー

北海道のAちゃんが段ボール箱いっぱいの鹿肉を送ってきてくれましたので,早速試食です.
hoikohruh.JPG
ホイコールーです.漢字で書くと回鍋鹿.要するに鹿肉で作った回鍋肉(ホイコーロー)ですね.笑 猟友会のMちゃんやO君ちにもお裾分けしたけど,まだまだいっぱいあるので,いろんなメニューを考えないといけません.鹿ジャーキー,鹿レー(カレー),鹿シチュー,鹿ステーキ....あとは何が良いでしょう.猪があれば合い挽きして猪鹿ソーセージってのもいいけど,夏は脂がないからなぁ. ところでこの騒ぎで出かけなくなって筋力が明らかに落ちてきてるので,高タンパクな鹿肉を食べて,少しは運動しなくちゃと思ってます.

神田は隠れたジビエタウン!?

野暮用の帰り,神田駅近くの道ばたにこんな看板がありました.そういえばこのあたりでは他にも何軒かジビエを出す店を見かけたことがあります.系列かな?
nico.JPG
ここに載っている種類がいつでも全部揃っているわけではないようですが,それでも結構いろいろあるようです.この中で食べたことがないのは...アナグマだけかな.美味しいらしいからいつか食べてみたいのですが,猟場で見たことはありません.仮に見かけたとしても,山に入るときは普通ライフルだから撃ちようもないですし,そもそも「なんだあれ?」と見ている間にどこかに行っちゃうでしょうね.笑

根曲がり竹

またまた北海道からAちゃんがタケノコ送ってくれたのが無事着荷.
nemagaritake1.JPG
根曲がり竹です.まずは味噌汁に入れてみましょう.
nemagaritake2.JPG
うん,うまい ついで妻はスープと言ってましたが,具が大量に入っているため,もはやスープではなくなったスープ.
nemagaritake3.JPG
うん,これもうまい 最後はタケノコあんかけ焼きそば.
nemagaritake4.JPG
うん,いいねぇ. 今回も季節の味を堪能しました.いつもありがとう!

ボクシングウィーク

外出控えということもあり,買い物も控えているので,冷蔵庫が段々空いてきました.何で埋まっていたかというと,鴨,鹿,猪の類いなわけですが,それも段々片付いてきました.今日は鹿(今回は神奈川産)になりまして,何にしようか?と妻が考えた結果...
shikabapao.JPG
ガパオライスになりました.スパイスとかが効いてて,鹿の風味はあまりしません.普段ジビエを食べていない人にはもったいない食べ方かも知れませんが,毎週のように食べてると,こういうのもいいなと思います.

プクサ着弾

北の大地より着弾です.
pukusa1.JPG
中身はプクサ,箱一杯のアイヌネギです.北海道在住の猟友のAちゃんが山で取ってきた貴重な山菜です.夜まで我慢できず味見を....
pukusa2.JPG
そのまま電子レンジでシナッとするくらい加熱,鰹節と醤油を軽く振っていただきます.うーん,ヒンナヒンナ. いつもAちゃん,ありがとう!あとは何して食べようかな〜.おすすめレシピがあったらコメントください!>みなさま

ペッパーカーコル

デパートで見かけてビックリ.なんとヌタから出てきたイノシシです.
pepparkakor.JPG
買ったことをすっかり忘れていたこちらのお話し. これはペッパーカーコルと言いまして,スウェーデンのお菓子です.スパイスの効いた薄いクッキーで,季節問わず食べるようですが,特にこのイノシシブタ型はクリスマスの定番だそうです. 牙を付けてイノシシにすれば,巻狩のお供にぴったりだなぁ.笑 さて今年もそろそろ終わりですね.ではみなさま,よい新年をお迎えくださいますよう.

シシ鍋と舌準備

もういくつ寝ると〜猟期かな〜♪という今日この頃ですが,有害駆除をやっている友人が初心者向けの解体講座に参加(多分運営側)して,そのお土産に肉をもらいました.もともと罠でとったものを冷凍で保管していて,初心者が教材として解体したので,あまり期待しない方が良いと言われましたが,見たところは良い感じです.
shishimiso1.JPG
袋にはモモ,リブ,タンが入っていました.とりあえずおなかが空いていたタイミングだったのでモモで猪鍋を作ることに.まず適当にぶつ切りにした肉をごま油で炒めます.
shishimiso2.JPG
冷蔵庫でふてくされていた長ネギの青い部分をぶち込みます.
shishimiso3.JPG
これにダシ,醤油,酒をテキトーに水と混ぜたもの(あとで味噌を足すのであまり濃い味にする必要はない)を注ぎます.
shishimiso4.JPG
煮立ったところで味噌を少々溶かし入れます.
shishimiso5.JPG
弱火で煮込んで適当なところで終了.
shishimiso6.JPG
最後に南蛮(唐辛子)を振りかけて食べます.脂はないのですが,とても美味しかったです.私は赤身の方が好きなので,好みに合いました. 考えてみると,初心者向けの解体講座で持ち帰った肉がまずかったらきっと狩猟をしたくはなくなるでしょう.ですから,イノシシもいいのを使ってるのではないかと思うのです.味に影響を及ぼさないような解体プロセスを初心者に任せて,クリティカルなところは慣れた人がやったか,かなりの指導の下にやったとかかなぁとか想像しています.多少ぎざぎざしている面がある肉はあったもののダメになってる感じはありませんでした.もちろん筋膜はつきっぱなしで,料理の前にはトリミングしますが,歩留まりはさすが罠だけあって高かったです. ちなみにタンは中央部にダメージがありました.
shishimiso7.JPG
血の回った部分を切り取って,皮をむくとだいぶ小さくなっちゃいますね.タンモトが付いていたのが良かったです.
shishimiso8.JPG
他もトリミングします.菌は筋膜で増殖するので,小分けするときにははがすわけです.
shishimiso9.JPG
解体してすぐならそのまま料理しても,独特の柔らかい食感でいいのですけど,今回はこの状態になってからの時間が分からないですからね.ちなみにこういう作業には手術用のハサミが便利です.私はこんな感じのを使っています.このハサミは3年くらい使ってますが,切れ味が落ちず経済的です.
shishimiso10.jpg
一方,鴨などの解体には電工ばさみを使っていますが,これは骨も切るからか切れ味が落ちるのは早いですね.羽根とかもダメージのもとな気がします. さてトリミングが終わったら使い切りサイズにわけて真空パックします.
shishimiso11.JPG
いつもは獲った日を書くのですが,今回は止めた日が分からないので,もらった日です.袋は機械専用の高いやつじゃなくて,いつも普通のナイロン袋を使っています.安くて良いのですが,つるつるしているので真空に引けません.そこで薄いナイロンの網袋片を差し込んでやります.するとその隙間から空気が抜けて,シールすると袋と一緒に融着するというわけです.

バンビラーメン

Aちゃんバンビの2弾目.
画像
汁なしラーメンに鹿肉が乗っています.おいしいです.Aちゃんありがとう!

ハヤシカライス

北海道のAちゃんが駆除でとったらしいバンビを送ってきてくれました.早速猟友を呼んで食事会をしました.普通に焼いたりもしましたが,こんなのも.
画像
ハヤシの肉が鹿なので,ハヤシカライスです.笑 バンビだからか,鹿っぽさはないですが,柔らかくておいしかったです.
posted by ともぞう at 21:25Comment(0)

コシアブラ天そば

タイミングが悪く自分ではとりにいけなかったのですが,いっぱいとった猟友がわざわざうちまで持ってきてくれまして,念願のコシアブラが今年も食べられました.今回は天ぷらにしてそばに載せました.
画像
うん,うまい!!個人的には山菜キングだと思います.おいしいのに,タラの芽みたいに痛い目に遭わないでも,簡単かつ量もそれなりにとれますしね.というか,よく考えると,とれるところを知っている人に連れて行ってもらっているだけで,自力でとってるわけじゃなかったのでした.笑 毎年声をかけてくれる猟隊の先輩方に感謝です.

アイヌネギ

こっちから北海道に移住したAちゃんから「アイヌネギ採ったけどいる?」とのメール.断るはずなどございません.笑 ほどなく着弾.
画像
おぉぉ.これは猟友集めてプクサパーティするしかない!臭うけどみんなで食べれば怖くありません.笑 とりあえず電子レンジで加熱して味見.
画像
やっぱりおいしいですね~.こんな調子で味見してたらなくなっちゃうので,早いところ醤油漬けも作っておきたいと思います.Aちゃんにはシカ肉を送ってもらったり,現地に行ったときは遊んでもらったりと,お世話になっています.いつもありがとう!

味覚は視覚に左右される?

元々脂の少ない小さめのイノシシでしたから,その赤身部分は脂身が全然ないわけですね.
画像
で,これをジンギスカン鍋で焼いてみました.
画像
すると,不思議なことにイノシシっぽい味がしないのです.おいしいけれど,何の肉だかわからない.というか,なんかラムっぽい気さえしてくるほどです. ちなみにこの後で普通にラムを焼いたらがっつりラムの味でした.笑 このイノシシは塩こしょうしてフライパンで焼いたら,ばっちりイノシシの味がしたのですよ.個体も一緒で部位もだいたい似たようなところでしたから,ジンギスカン鍋を目にすることによって,期待される味覚がラム肉になるので,そっちに引っ張られちゃうんですかね?あるいは焼き加減がラムっぽくなるからとか? まあいずれにしてもわかっているのにだまされるような不思議な感覚でした.