アオキが原

猟場でよくこんな実のなる木が生えているのを見かけます.
Garryaceae_-_Aucuba_japonica.JPG
葉っぱがなんとなく似ていて,付き方は違うけど,似たような赤い実がなることから,私はずっと「コーヒーの木」と呼んでいました.笑 今日は機会があって「この木何の木?」と聞いてみたら「アオキ」という木だそうです.常緑で枝も緑色をしているからだそうですけど,日陰でもよく育つので猟場(森)でよく見かけるのですね〜. 実が食べられたらいいのにと思っていましたが,そんな話はないようです.ただし葉は健胃作用があるとのことで,要するに苦いのですねぇ.
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

SHOT Show 2020 閉幕

SHOT Show 2020 も閉幕となりました.
shotshow-logo-main.jpg
youtube に続々とアップロードされているのを見てます.SHOT Show TV とかね.リロード用品はまだあまり見つけていないですが,面白そうなものがあったらご紹介したいと思います. ちなみにふと気づいたのがこちら.
keyence.jpg
首から下げてるのはキーエンスのストラップじゃないですか.出展してるんですねぇ.展示エリアを見るとマテリアルやら計測器の区域があるので,きっとそういうところで出してるんですね.銃関連も裾野が広いものです.しかし,いいなぁ.あ,キーエンス社員で行ってる人の話ですよ.でも詰めっきりで余所はみる時間はあまりないかな?笑 私もいつか見に行きたいです.仕事をちょっとそっち方面に寄せていけないかな?笑
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

医者の不養生

こんなニュースがありました.
警視庁で拳銃暴発 巡査部長が慌てて引き金を… (配信:テレ朝)  警視庁本部で拳銃が暴発しました。
mpd.jpeg
 警視庁によりますと、要人警護などを担当する警備部警護課に所属の男性巡査部長(35)は22日午前10時すぎ、東京・千代田区にある警視庁本部庁舎の拳銃を保管する金庫室で、誤って銃弾1発を発射しました。巡査部長は任務に就くために拳銃を腰のホルダーに入れようとしたところ、撃鉄が起きていることに気付き、戻そうとしましたが、慌てて引き金を引いてしまったということです。けが人はいませんでした。警視庁は、「拳銃の適正な取り扱いについて指導を徹底する」「再発防止に努めたい」とコメントしています。
要人警護担当なんて警察官の中でも一番拳銃を使い慣れていないといけないのに,撃鉄が起きちゃってるのも問題だけど,それを戻そうと引き金引いちゃうなんてヤバすぎですよね. 普通の警察官は射撃練習をする機会があまり多くないと聞きますが,警護担当なら1年に少なくとも千発くらいは撃って,銃を自分の腕の一部として使いこなしてもらいたいものです.我々所持者には「練習するように!」と事ある毎に言ってるんですから,彼らも分かってるはずなんですからね.苦笑

離婚と所持許可

世の中,円満離婚なんてそんなに多くはないでしょうけど,やっぱり家庭内のトラブルが原因になっていることが多いでしょうから,離婚をすると公安も所持許可の審査に慎重になるようです.例えば十年の年季が明けて,いざライフル所持,なんていうタイミングで離婚が重なったりしますと,申請はしばらく待ってくれとか言われるケースもあるらしい. ニュースになってる,ある俳優さんと女優さんのご夫婦は狩猟免許を持っていることで知られています.その旦那さんが何かやらかしたらしくて,家を追い出されてしまったそうです.旦那さんの方は所持許可があるので,こういう時にどこに銃を置いておくかというのも問題になりそうなものですが,馴染みの銃砲店に預けてあるかな?ただ更新や新規許可となると,そっちからもいろいろ詮索されたりしそうですね. とりあえず離婚に至らないように祈ります.
rikon.jpeg

メーガン弾

メーガンというのは,イギリスのヘンリー王子の奥さんのことです.お父さんであるチャールズ皇太子が,嫁のメーガン妃にタングステンってあだ名を付けてたらしいんですよ.タングステンはとても硬い金属ですから,それだけ性格がキツいということを言ってるようです. いつか日本でも非鉛散弾が多くなってくるかも知れませんよね.もちろん鉄弾の方が安いのでそっちがメジャーになるとのではと思いますが,それでも高級な非鉛散弾実包にはタングステンとか使われているかも.そのころは,高い非鉛散弾は「メーガン」と呼ばれるようになってるかも知れません.笑
taihou_hassya_man.png

いや,それライフルじゃないから

O君から絵付きメッセージが入電.
dnc2020.jpg
「まとまり悪いですねぇ」だって.笑 でも私はこのくらいだけどなぁ.笑 さて,タイムリーなので知ってる人はすぐ気づくと思いますが,実はこれ,昨日のセンター入試,英語の問題なんです.
dnc2020-2.jpg
射撃やってる人だと,問題文も読まずに答えが分かっちゃいますよね.笑 この問題の前に長文があってその中で,境界に当たったら点数の高い方で計算とか,そういう射撃と同じルールが書かれているのですが,それを読めたかどうかという小問です.長文自体は,小学生が床の的紙にテニスボールを投げるのですが,どう練習すればより上手になるか,という内容でした.

リードじゃないよ レッドだよ

いくつもの射撃関連ページでリード弾という語を目にしました.最初は曳光弾じゃないし,何か誘導するような何かがあるとも思えないし...と考えたら,これは lead のことを言ってるんだと分かりました.
rare_metal.jpg
lead って日本語でもリードするとかいいまして,先行するとか先導するとかいう意味では「リード」に近い発音をしますが,鉛の意味で使うときは「レッド」と発音します. しかしカナで書かれると,元がなんだったかわかりにくい言葉は多いですね.経歴にもよるから個人差も大きいでしょうけども,生粋の日本人からしても発音自体違う風に書かれたら,意味を拾うのに苦労します.日本語にしても冗長にならないなら漢字で書いてもらった方がいいかも.

なぜこんなところに?

この間お墓の掃除にいきましたら,敷石の隙間にこんなのが落ちてたんですよ.
hakaanvil1.JPG
あ,見えないですね.拡大するとこんな感じ.
hakaanvil2.jpg
これはアンビルという,ライフル等の金属薬莢につく雷管の中に入っている部品なのです. なんでこんなところに?というものですが,もしかしたら以前来たときに私の靴に付いてきてて,それがここで落ちたという可能性はあります.というか,それ以外のパターンはちょっと怖いな.苦笑

海外通販リンクを削除

リローディング用品などは基本的に海外通販で入手していますが,滝田さんの談話室で遺憾な書き込みを見てしまいました.私の情報によってお店や,そこから今まで買っていた人にまで迷惑をかけることになると困るので,私が利用している海外のお店へのリンクを削除しました. これだけだと意味が分からない人もいると思うので,一応説明しておきます. 銃に関係した部品などは輸出や輸入に特に厳しい規制があります.ここでアメリカからは輸出できても,日本に輸入できないものを発注したとしましょう.通関手続きが不調に終わると,所有権を放棄させられます.そこで買った方が荷物が届かないからとクレジット会社に申し出たとします.すると,売った方としては出荷したのに,代金の支払いがない,どういうこっちゃ,となるわけです.本当ならちゃんと手続きするか,お金はあきらめるべきなのですね. 以前は結構日本にも売ってくれるお店はあったのですが,近年は出してくれないお店が増えてきています.もちろん出すのも入るのも問題ないものだってたくさんありますが,輸出先の規制まで把握しているわけではありませんから,上のような経験をした販売店がトラブルを恐れて海外発送しないというのも理解できます.結局上のような自己中心的な行為が原因の一つになっているので,情報の受け取り先を選べないブログに書くのはやめることにしたというわけです.というわけで,買ったものの紹介はしますが,どこで買ったかはお答えしませんのでご了承ください.
takuhai_daibiki.png

man cave sticker?

猟隊の K さんに ballistics ってなぁに?と聞かれました.弾道って意味ですよ〜,と答えたものの,なんでそんな質問が?と思ったら,私が貼っていたこんな感じのステッカーを目にされたとのことでした.(この写真は関係者に拝借)
file not found
Tokyo Ballistics は,毎年開催されている IRS (International Reloaders' Summit) の東京開催時のホスト組織...という体で,実は単にリロード話を肴に飲むというのが本当のところなんですけどね.笑 ちなみにこのステッカーのプレスは好みで一つ選べ,写真のは私も持っている RCBS で,他にはこんな感じのがあります.
pressmarks.jpg
IRS に参加すると,事前の希望に応じて1枚もらえます.お近くにお住まいの同好の紳士淑女のみなさん,如何ですか?笑

米国より着弾

無事届きました.
arrival1.jpg
中はこんな感じです.
arrival2.JPG
無税品目だけなのに税金高いなと思ったら,消費税が上がっていたのでした.これもキャッシュレス決済したら安くしてくれないかな.笑 ちなみに Black Friday のセールで1割引になっているはずが,メールの invoice には反映されていなかったものの,荷物に付いてきた書類を見ると,ちゃんとディスカウントされていました.めでたしめでたし. 中身の話はまた追って.
posted by ともぞう at 19:00Comment(0)

都内猟友会への緊急対応に関する要請

都内(23区内のこと)では今まで出動要請がかかったことはないそうですが,先日の千住イノシシ騒ぎで,今後は出動要請もあり得ると考えられるようになったので,その際の対応を都,警視庁,猟友会が協議したそうです. 都内猟友会の一般会員まで情報が行き渡っていないかもしれないので,念のため対応方法を書いておくと,もし出動要請があった場合は都猟本部に連絡すること,となっています.これは情報を一本化するためで,くれぐれも違法となる捕獲は行わないようにということです.ちなみにこれは都内の緊急対応で,現在すでに有害駆除を行っている都下の猟友会については従来通りの対応となります.
toryo.jpg

追いコメすべきかせざるべきか

射撃狩猟系ブログは右の favorites を中心に,不定期には検索で引っかかったところとか,私は入ってないけどブログ村の狩猟新着から面白そうな記事を巡回しています.狩猟をこれから始めるとか,今期始めたばかりとかいう人もかなりエントリしていて,例えば私も経験したようなちょっとしたプチトラブルの記事とかには,参考になりそうなコメントを書き込んだりしますが,中にはコメントを受け付けない設定になっているところや,何かの ID を持ってないと書けないところとかがあります.ブログをやってる人もみんながみんな交流を望んでいるわけじゃないんだなぁと知りました. ところで中には,それ違反でしょ?ということをブログに書いている人もいます.ある方は許可を取る前からちょっと不安を感じるような書き方をしていたものですから,もしかしてやばいんじゃないか?と思って,時々見に行っていたのですが,今期許可を取って早速やらかしてました.このくらい書いても大丈夫だろうと思っているか,そもそも違反だとは思ってないのかな?幸いそのブログは PV 数も多くないのか現時点では炎上してないようですが,このようなことを続けていれば近い将来許可を失います.ブログにしみ出してくるくらいだから,一事が万事で,実はもうマークされてる可能性はありますけどね.気になったのでそのときは一応注意を促すコメントを残しました.どこの(は大体分かるが)だれとも知らない,もちろん会ったこともない人ではありますが,苦労してとった許可が取り消されるのは気の毒だと思ったし,検挙されれば他の所持者の肩身が狭くなることが明白だからというのもあります.ところがこの方,またやっちゃってるんですよね.前回は「分かりました」と言っててこの状態ですから,考え方はそうそう変わらないのかも知れません.
taiho.png
そうはいっても,↑こうなったり,誰かに怪我をさせたりする前に,改めてもらいたいですね.

東京猪

昨日のニュースで,千住に猪が出たと言ってました.通常の生息域とは荒川でつながっているから,あり得ない話ではないのですが,ここまで下りてくるのは珍しいですね.荒川はもうちょっと上で隅田川と分岐していて,そっちに行くと都心につながっていますが,河川敷に葦もないので本流を来たのでしょう.河川敷で警察官が猪を追いかけているのが映ってましたが,捕まえられるような装備も持ってなかったですね.猪も本気でヤバいとは感じてないのか,警察官に襲い掛かることもなく済んだようですが,これはただラッキーだっただけで,もうちょっと気をつけた方がいいんじゃないかなぁと思いました.で,今日のニュース.
K10012201551_1912041220_1912041235_01_04.jpg
結局少し川上の埼玉側,富士見市で,同一個体っぽいのが捕獲されたということです.ただもし他にもいるとなったら,またこの辺の猟友会に依頼がいくのかな?でもこの周辺では銃を使えないから,捕まえるのも一苦労でしょうね〜.

多重偏見ニュース

こんなニュースがありました.
ロス乱射事件、日本人ハーフの容疑者が銃弾を自作した可能性 SmartFLASH/AP/アフロ
20191118-00010001-flash-000-3-view.jpg
 11月14日、ロサンゼルス近郊にあるサンタクラリータの高校で、日本人ハーフの少年が銃乱射事件を起こした。容疑者である16歳の少年は、犯行後に自分の頭部を撃ち、15日午後に病院で死亡が確認された。  容疑者が使用していた銃の出どころは明らかになっていない。だが、2017年に亡くなった容疑者の父親はハンターで、自宅にはいくつかの武器が保管されていたという。11月14日の米メディア『KTLA』の取材に、容疑者の同級生が「彼の父親は、いつも銃弾を作っていた。彼も、銃や銃弾を作っていたと思う」と語っている。  近年のアメリカでは、銃規制にともない、銃弾の入手も厳しくなってきている。9月4日の『ブルームバーグ』によれば、アメリカで拳銃や殺傷能力の高い銃器の販売をしてきた「ウォルマート」は、銃撃事件が相次いだことから、一部の銃弾の販売を停止したという。  しかし、16歳の少年がそれほど簡単に銃弾を自作できるのだろうか。  米メディア『Task&Purpose』は、「銃弾は高価な場合がある。多くのスナイパーは、弾薬の作り方を学ぶことは、労力に値すると考えている。独自の弾薬を装填すれば、ショットをより正確にすることもできる」として、銃弾の作り方を紹介している。  全米ライフル協会認定コースの講師によれば、火薬を詰めるカートリッジは、使用済みのものを再利用するのが賢いという。  まずはカートリッジに弾薬を再装填するための機械をいくつか購入する必要がある。同講師は、「ほとんどオンラインで購入できます。ただし、安い機器だと、うまくいかずにイライラすることになります」と語る。  次に、使用済みのカートリッジをクリーニングし、そこに機械を使いながら、火薬に点火する起爆用突起部プライマー、火薬、弾丸を順番に詰めていく。これだけで、市販品の半値ほどになるという。  機械さえそろっていれば、銃弾を自作することは簡単なようだ。容疑者の少年が、父親の姿を見よう見まねで銃弾を作った可能性は否定できない。
書き方が気になるニュースですね.まず日本人ハーフであったとしても市民権を持っているなら,それはちゃんとしたアメリカ人です.おまけにアメリカで生まれたなら,それは将来大統領にもなり得る完全無欠なアメリカ人と言えます.そもそもが移民の国なので,日系アメリカ人といういいかたはありますが,こういうところに日本人ハーフという言い方を持ち込むところに偏見を感じます. あとは「彼の父親は、いつも銃弾を作っていた。彼も、銃や銃弾を作っていたと思う」というところですかね.そりゃ,ハンターで射撃もやっていれば,弾ぐらい作るでしょうよ.ただ銃を作るというのはそれほど一般的ではないはず.自動車を運転する人がセルフでガソリンを入れるのは普通ですが,自動車自体を作るのはよくある話じゃないでしょ?確かに彼のうちでは自作の銃がみつかっているとのことですけど,それは精度が高かったりするサードパーティ製の部品を組み合わせて作るキットみたいなものかと思います.ライフル系に多いかも.旋盤やフライスなどまで使って形のないところから作るとなれば,それは銃を作ったといえるかも知れませんが,そんな人は滅多にいません.車だって HKS のタービン,TRUST のマフラーとかに交換する人がいても,それで自動車を作ったとは言わないし,さすがにエンジンブロックを金属塊から自分で削り出したとかだと作ったと言えるかも知れないけど,そんな人は滅多にいない.ともかく銃に関しては父親が遺したものではないでしょうか.いくつかは登録されているとのことですし.あと今回の事件は拳銃で起こされたようです.ということは,銃の出所があきらかになっていないというのが,本人が密造したのでは?ということに結びつくのは更に極端ではないかと思います.そもそも,作る,すなわち悪みたいな,偏見に満ちた発言です.そこは日本じゃないんだから. ちなみに「機械さえそろっていれば、銃弾を自作することは簡単なようだ。」とあり,それは確かにそうですが,弾を作るには,雷管,火薬,弾頭などが必要なんですよ.これらをいちいち買うより,普通の拳銃なら余程大量にじゃない限りは,弾を買った方が安いし,入手も簡単なはず.もちろんこれらの材料が自宅にあれば作れるでしょうけど,それが弾を買うより,作る方が正体が知れないやつ的なとらえ方になるのは,事件とは全く無関係であり,筋が通りません. 事件自体はもちろんショッキングですが,このような報道自体も気分が悪くなる要素満載でしたね.

本日の突っ込み

銃関連のことは市井一般には遠い所為か,突っ込みどころ満載の記事は多いですよね.そんなニュースを一つ.
11歳の男の子、家族に襲いかかるヒグマをショットガンで仕留める 米アラスカ州で、11歳の男の子が家族の命を救った。 先週、エリオット・クラークくん(11)とその3人の家族は、3匹の犬を連れ、アラスカ州チチャゴフ島の国勢調査指定地域であるゲーム・クリークの森の中を歩いていた。4人が一列に並び、エリオットくんは3番目にいたという。すると突如一頭のヒグマが現れ、先頭にいたエリオットくんの叔父に襲いかかった。ヒグマの動きは非常に素早く、叔父は肩に担いでいたライフルを構えることもできずあっと言う間にヒグマに組み敷かれてしまった。次の瞬間、エリオットくんは自分のポンプアクション・ショットガンをヒグマに向け、装填されていたバードショットを放った。エリオットくんの父親は地元紙の取材に、当時の様子をこう振り返っている。 「最初のショットは肩をかすめただけでしたが、二発目はクマの鼻に命中しました。弾は首に貫通し、クマはこの一撃で絶命したんです。吊り紐を肩にかけず、手にライフルを持っていたからこその早業が、我々を救ったんです」 アラスカ州のシェリー・ヒューズ上院議員は、エリオットくん一家の写真をシェアし、わずか11歳の英雄の勇敢さを称えた。
alaskanews.jpeg
エリオット君が持っていたショットガンになぜ「バードショット」が詰められていたのでしょう?国勢調査で巡回していたのであれば野生動物の攻撃からの自衛のためでしょうから,鳥猟弾を入れている意味は希薄です.これは多分「バックショット」の間違いではないかと思います.鳥猟用の散弾が首を貫通することは考えにくいと思いますし.一般に小粒散弾を熊に対して発射することは,単に熊を怒らせるだけの悪手と考えられます. また「手にライフルを持っていた」というのも,前にある「ポンプアクション・ショットガン」という記述と矛盾します.ショットガンとライフルの違いは一般人にはわかりにくいかも知れませんが,元ネタから間違っていることはあまりないと思うので,訳者が勝手に変えてしまったのではないでしょうか.写真を見ても彼が持っているのはポンプ式散弾銃ですからね.

【掃苔】村田経芳

掃苔シリーズ,前回の有坂成章に続く第二弾は,村田銃で有名な村田経芳です.
muratatombsite.JPG
このお墓も谷中霊園にあります.有坂家にしても村田家にしても綺麗にされているので,子孫の皆さんがちゃんと管理されているのだろうと思います.射撃の世界におられたら是非お目にかかりたいものですね. さてこう続くと次は南部麒次郎を期待されそうですが,どこに埋葬されたのか分かりません.ご存じの方がいらっしゃいましたらコメントいただければ幸いです.
【参考】村田家墓所:谷中霊園・乙1号甲1側(下図中㊾,下方の青い所は霊園事務所)
mutaramap.jpg

気持ち玉試験導入

うちのブログはフィードバックがコメントしかないもので,いつもコメントしていただく方々以外からのフィードバックを得にくいというのがありました.いくら自分の日記みたいなものだといっても,独善最高!といってるわけではないし,同好のみなさんとの交流は望ましく思います. さて webry には以前から気持ち玉というものがあって,下のようなボタンを押してもらうことで,みなさんがどのようにお感じになられているのかということがわかるシステムになっていました.これを導入しなかった理由は,不適切(と思われる)ブログへのリンクが勝手にはられることがあり,これによる読者への悪影響を心配したからです.
kimochidama.jpg
夏に webry 全体のシステム更新があり,気持ち玉は一時なくなったのですが,先日気持ち玉システムが再稼働したという連絡がありました.見てみると普通に押してもらえば匿名で投票でき,webry にログインしてから押してもらうとそのブログへのリンクが張られるというようになっていました. webry 内で不適切なブログを開設していると,そこへのリンクが作られてしまいますが,そのようなケースはまれであると仮定して,試しに気持ち玉システムを新規エントリから仮に導入してみます.今後営業を目的としたブログへの誘導などを含み,当該分野に無関係であるなど不適切と考えられるブログへのリンクが発見された場合には,削除,もしくは気持ち玉システム自体の利用を停止することを検討しますが,それまでの間試験的に導入してみます. もし気に入ったエントリなどあれば,お気軽に投票お願いします.

新人さんいらっしゃい!

毎度!桂文枝です(違). さて今期の準備は如何ですか?私は申請に行っただけです.そんな猟友会の集会で今期から入るという若夫婦にお会いしました.
couple_man_woman.png
隣区でも割とご近所とのこと.新人さんは滅多に入らないですし,これも何かのご縁,いろいろ楽しみを見つけて,永く安全に楽しんでもらいたいものです.他の支部で聞いた話では,あまり面倒を見てもらえずイヤになったのか,ネットの知識だけで自分も出来ると思い込んで,伝手もなく単独で出猟していた人もいるらしいです.当然とれなくてつまらない...だけだったらまだいいのですが,何らかの問題を起こしてしまい,次の更新までもたなかったというケースも耳にします. 自分の中でできあがっていく猟のスタイルは人それぞれですから,少なくともうちのほうでは,入った猟友会の人たちとずっと一緒に出猟するというよりは,最初のとっかかりは会で面倒を見て,ゆくゆくは自分で道を見つけてもらえるようにサポートする存在なのかなと思いました.そうして自立してもらったら,また次の新人さんを育ててもらうわけですね.猟においては法律以外でいくつか常識的な共通ルールはありますから,そういうものは最初にちゃんと教えないといけないと思います.私は今まで新人さんとつながりがなかったので,先輩方にお世話になるばかりだったのですが,気づけばもう新人顔をしているわけにもいかないことに気づきましたので,今期は鳥猟会でも企画しようと考えています.ご本人は四つ足もとお考えのようですが,銃自体始めて間もないと思いますし,順序もありますので,まずは鳩や鴨から入るのがよいかと思っています.

銃安射撃会

銃安の射撃会に行ってきました.人数が多かったので,ABクラス分けで賞状が出ました.今回はめでたくAクラスで入賞.
awarded.jpg
ただ毎度の話なのですがBクラスの方が景品が良いのですよね〜.笑 みなさんのところでも「あるある」ですか?

🍇着弾🍇

Kuma仙人さんから🐻...じゃなくて🍇が到着しました.楽しみにしておりました😃
budou1.jpg
完熟でしょう.部屋に良い香りが漂います.
budou2.JPG
品種は普通のデラウェアですが,その辺で売ってるのより粒が大きく.甘みもつよいと思います.箱買いですから,一粒一粒とるんじゃなくて,トウモロコシみたいにむしゃむしゃ食べてみたりして.贅沢〜.こんな食べ方をしても,粒が大きいので口の中で皮と身がスルッと分かれて食べやすいです. 二箱ありますので,友達にも何房かづつあげたりして,この時期の味を楽しんでいます. もう時期が終わってしまうところ(発注は8/27(今日!)まで)らしいですが,来年もまたお願いしたいと思います.今度は違う種類も食べてみたいですね.みなさんにもおすすめです.お米も作られているとのことで,Kuma仙人さんの農場の作物に関してはこちらをチェックしてみてくださいね.

お盆は空いてる継続車検

陸運局はお盆も普通にやってるのですが,そこに持ち込むディーラーとかがお休みだったりするので,とっても空いているのです.こんな感じですよ.
syaken.jpg
待たずにラインには入れます.ですからこれから狩猟車を買おうなんて思っている方は8月下旬から9月半ばくらいまでがいいですね.そんな理由で時期を選ぶ人はいないか?笑 車検満了の一ヶ月前から継続検査が受けられるから,こんな感じに空いてる時期に持ち込めるってだけですからね.ただ長く使ってると,この利点はじわじわ効いてきます.お盆に車を使うとなれば,その前後に行くしかないですけども,一月もあれば普通は調整できますしね.ちなみに暑い中点検するとなると疲れますけど,私の場合は大体前日の夜(背水の陣.笑)にやりますので,そこまでじゃないです.

技能講習終了

技能講習はライフルと散弾は別に受けないといけないのですが,二回行くのも面倒なので午前にライフル,午後に散弾というパターン(逆でもOK)で受けられるところに行っています.今までいつもは北方に行ってたのですが,今回は日程の都合で西方になりました.
ginou2019-1.JPG
やりかたは場所によって違うようですが,まあすぐ慣れます.ただライフルは30発持ってくるよう指定されているところが20発,散弾は75発のところが25発しか使わなかったです.ライフルも散弾も特に何の指導も入らずに終わりました.最後に通知表みたいなものをもらいます.いろんな項目があって◎(二重丸)か○(ただの丸)がつきます.これはどっちでも合格です. 実は私,今まで何回も受けてますが,◎以外ついたことがなかったのです.だからそんなものかと思っていました.ところが今回は○の項目があってびっくりしました.こんなところを注意するともっと良くなるよ,とか言ってもらえたら改善のしようもありますが,特に何のコメントもなかったので困ってしまいますね.まあ受講生は大勢いるし,特にコメントするほどでもなければ,結果は合格で変わりないのだし,そのまま流しちゃった方が楽なのでしょうけど,自分的には○をつけるなら,その項目の改善点を指摘して欲しかったです. 1週間ほどで警察からとりにきてねと電話がありました.ただ受け取るだけなので,時間はいつでもいい(=料金が発生する内容ではないから,会計の開いている平日昼間とかである必要はない)わけですが,警察系某協会で役員をやってる関係で署に行く予定があったので,そのときに受け取ることにしてました.で,その日,会議終了後に伺って,受領書に記名捺印,受領してミッション終了となりました.
ginou2019-2.jpg

🍇ぶどう🍇

あ,表題にも絵文字が使えるんだ.笑 さて本題.リンクにもある Kuma 仙人さんはブドウ農家をされていて,ブログを見るととても手間暇かけていることが分かります.去年頼んでみたところおいしかったので,今年も注文してみました.
50f816_024f3209dc3547a191d3776e86e7e622.jpg
Kuma 仙人さんちのぶどう
デラウェアなのですが,粒が大きいのですよ.最初ちょっと大きいくらいかな?と思ったのですが,あとでスーパーで普通のデラウェアを見たら全然違いました.笑 今回は親戚へも送ってもらおうと思っています. おいしくなったタイミングで送ってもらうので,あまり細かい日にち指定はしません.出荷希望日が集中しても房によっておいしい日は違うでしょうからね.いつ来るかなぁと楽しみにしています.

書いていいこと悪いこと

狩猟・射撃ブログはよく検索巡回していますが,こんなこと書いたらまずいんでない?なんてことがたまにありますね.法的に問題がありそうな内容だとチクる人がいるのか,しばらくすると記事どころかブログごと消えたりして,何かあったんだろうなぁと.苦笑 鍵コメできるところだったら忠告しようとも思いますが,逆ギレされるのも嫌だし,その前に検索能力の高いわけでもない私が見つけた時点ですでに手遅れでしょうね. これから始めるぞ〜なんてブログもあって,読んでますと始める前からやらかしちゃってたりしてて.法的に明らかな問題があるわけでなくても,考え方からしてそのうち問題を起こすのでは?と思うこともあったり.もしそうなると,周りの人がケツを拭くことになるので,ぜひ改めてもらいたいものです. まあ,かくいう私も諸事気をつけているつもりではありますが,完全なはずがないので絶対に何もやらかしてないとは言えないわけで....お気付きの点などございましたらぜひコメントをお寄せください.ご忠告ありがたく承ります.ここはコメントが承認制なので,そっと耳打ちお願いします.🙏

跳弾がバズる?

このブログは基本的に自分の好き勝手なことを気ままに書いているわけですが,それでも世の中からどんなことが求められているのだろうか?という興味はありまして,二次的ではあっても多くの皆さんに喜んで貰えるような記事を書きたいとは思っているのですね. ここで一番アクセス数が多いのはトップページです.まあこれは普通ですよね.そしてそれ以外の個別の記事は書いた日以外だと数十UU (PVもだいたい同じ)くらいまでなことが多いです.マニアックな内容ですから,人気のある記事であっても1日あたりにすると大した PV は集まりません.ところが昨日はこちらのエントリがこのページだけで 1kUU 以上あったのです. 水面跳弾原理に関する話ですから,射撃というマニアックな世界の中で,更に専門的でテクニカルな弾道学,そしてその中でも更にニッチであろう水面跳弾の話題です.なぜこれがバズるのか?参照元が twitter らしいとは思っていますが,私は twitter はやってない&見てないので,調べ方も分からず.いったい何なのかな〜??

ひどいデフォルト設定

見てお気づきの方も多いと思いますが,今月頭にウェブリブログでは大規模なシステム変更があったらしく,いろんなところが変わりました.書く側からすれば,もちろん便利になったところもあるのですが,逆に出来なくなったこともあったりします.まあそれは見ている皆さんには直接関係はないのでおいておきましょう.(記事の書き方などで間接的には影響があると思いますが) 新しい機能の中にはたとえば国外IPでのコメント投稿に関する設定があり,これを許可しないなんていう設定がなんとデフォルトになっていました.ヒロシさんにはご迷惑をおかけしましたが,もし他にも海外からコメントを投稿していただこうとしていた方がいらっしゃいましたら,ご迷惑をおかけして済みません.先ほど直しましたので,よろしくお願いいたします.

松崎商店

上野も駅の東側にはあまり行かないのですが,今回は野暮用で通りかかったため立ち寄ってみました.
SN3V0873.JPG
松崎商店です.諸官省拂下品とありますが,メインは米軍放出品のようですね.狩猟にも便利そうなアイテムがよくあるので,また今度行ってみようと思います.

メンテが終わったと思ったら....

BIGLOBE の大規模メンテが入りました.すると,見た目だけでなく,こちらから見ているシステムもだいぶ変わってしまいました.変更だけならともかく出来なくなったことも結構ありまして,どうしたものかなぁと思っています. とりあえず少しずつカスタムしようと思いますがどうなるかな〜.

有害駆除はやらない

まあもともと地元で駆除が必要になるような事態にはほぼならないということもあり,自分は有害駆除はやっていません.他の地域まで頼まれて行っている人はいますが,草木の茂る季節の猟は何かと危ないですし,私には手に負えない面もあるので,自分から手を挙げるつもりはありません. さて有害駆除に関してこんなニュースが北海道から入ってきました.
「何を信用したら?」市の要請でクマを駆除したのに銃所持許可が取消に 2019年6月13日 UHB 配信  2018年、砂川市で市や警察の立会いのもと要請に応じてクマを駆除したハンターが、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検され、その後不起訴になったものの、銃の所持許可が取り消されるというトラブルがありました。  住民の命を守るためのハンターの行動がなぜ問題視されてしまったのでしょうか。  田中うた乃記者:「このあたりには果樹園も多くあり、たびたびクマが目撃されていました。男性は市の要請を受け警察立会いのもと10数メートル先にいた子グマを駆除しました」  北海道猟友会 池上治男砂川支部長:「ハンターに頼んでいると片方で言っておきながら撃ったらダメみたいなことを言ったら、何を信用してやればいいのか。おかしいんですよ」  こう話すのは、北海道猟友会砂川支部長の池上治男さん。池上さんは2018年8月、砂川市からの連絡を受け砂川市宮城の沢のクマの出没現場に出動し、1頭のクマを駆除しました。  池上さんによりますと、市の担当者や警察官が周辺住民に注意を促し、現場で安全を確認した後、市が依頼する形で駆除したということです。  しかし、池上さんはその後、公安委員会の許可なしに発砲したなどとして、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検されました。  不起訴にはなりましたが建物の近くで発砲したことが問題視されライフル銃の所持許可が取り消されてしまいました。  北海道猟友会 池上治男支部長:「何がなんだかわからない、市の要請で駆け付け駆除するだけの話しですから、じゃあクマが出たら、人を襲うまで対応できないのか。私たちは、市民のためにクマを駆除して警察官もよかったよかったと言っていた」  今回の件について警察は、現場で発砲を同意した事実はないとコメントしています。  住民の命を守るためのハンターの行動が、問題視されてしまった今回のケース。  クマの出没が相次ぐなか、道内のハンター達に動揺が広がっています。
市役所の人や警察官に言われて撃って許可取り消しっておかしな話ですよね.ただこの記事は猟友会サイドからの話しかのってないので,もっと詳しい事情を知りたいです.仮にこれが流れのすべてなら,自分や自分の家族に直接の被害が起きるような事態にならない限りは,私は今後絶対に有害駆除に従事することはないし,仲間にも誰かに依頼されても駆除しないよう勧めることでしょう.善きサマリア人になることを日本の法は許してないどころか,警察の指示に従って罰せられるわけですからね.不起訴であっても,我々にとってはライフルの許可取り消しは科料どころではない,10年という時間を無駄にされる罰です.ただ本当にこれが事実のすべてで,隠れた事情がないのかが分からないわけです.裁判になれば,もうちょっと詳しく事情が分かるかな?