Ed's Red 作れるか?

Ed's Red (エズレッド)というのは,散弾銃のボアクリーナーで,そのレシピは Ed Harris が発表しています.その安さ,万能さ故に使う人が多いクリーナーです.作り方は簡単で
(1) ATF(オートマチック車に使うフルード) (2) アセトン (3) ミネラルスピリット (4) 無臭灯油
を等量ずつとり,混ぜただけです.ATF が赤いので,全部混ぜると赤っぽい液体になることから Ed's Red と呼ばれています. ATF はカー用品店で 1L 千円強くらいで買えると思います.オリジナルレシピでは Dex II 以上となっていましたが,今売っているのはみんなこれ以上の性能があるので大丈夫です.この成分は潤滑を担います.ついでアセトンですが,除光液などに使われていて,これも 1L 千円くらいで買えると思います.プラスチックワッズのこびりついた汚れがこれによって落ちます.ミネラルスピリットはあまりその名前では売られていないのですが,塗料の薄め液に使われている中に,ミネラルスピリットそのものがあります.もちろん薄め液という名前のものが全てミネラルスピリットなわけではないと思いますが,例えばミネラルシンナーと書いてあったら,それはミネラルスピリットです.これは塗料を扱っているところで買えるはずです.価格は 1L 千円くらい??でしょうか.ここで問題なのが無臭灯油なんですよね.以前はこういうのがありました.
heatclean.jpg
ところが今は売ってないのです.代わりになりそうなのは,こちらなどがあるかと思います.
starkerosene.jpg
でもこれがなんと 1L 千五百円くらいするわけです.灯油の値段としては厳しいですね.上のを全部合わせると 4L 作れて,5,6千円といったところでしょうか.WD-40 をガロン缶で買うよりずいぶん高いなぁ.苦笑 いずれにしても湯水のごとく使うレベルでは作れない感じですね.はい,小市民ですから.笑 しかしよく考えたら,シェルの無臭灯油はファンヒーター用で,普通のストーブには使ってはいけないことになっていましたからうちでは使いようがないですし,後者に比べて安いとは言っても,普通の灯油よりはずいぶん高いので,買ったとしても Ed's Red にしか使わなそう.それだったら 1L 単位で買えるスターケロシンでもいいような気もしますね.今度作ってみようかな〜.あ,その前に私って,ほとんど散弾銃のボアは掃除しないから,意味ないか.苦笑(ここ15年はボアにブラシを通した記憶が無いかも.)

BoreSnake がディスコン?

BoreSnake はお使いの方も多いと思いますが,こんな感じのバレルを掃除する道具です.
p_664100022_1.jpg
今度の買い物便のついでに新しい BoreSnake を乗せておこうとサイトを見ていたら,なんと在庫無し.よく見るとディスコンになっているではありませんか.中国製のパチモンに駆逐されたか?と思ったら,なんとモデルチェンジしただけでした.新しいのはこちら.
l_593000098_1.jpg
Viper BoreSnake です.確かにちょっと変わってはいるようですが,基本的には同じようなものなのに,値段が旧品が $14 なのに対し,Viper はなんと $23 もします.ますますパチモンに流れちゃうんじゃないの?確かに作りは違うのだろうけど,十倍以上違うとねぇ.苦笑

MiLFOAM FORREST を買った

散弾銃なんて WD-40 を吹いて,ささっと拭けば大体問題ないと思ってる私.銃腔なんてここ十年くらいはブラシを通してないです.笑 ただライフルはそうもいかないですよね.名前を出せませんが,いわゆるメジャーどころのクリーナーを現在使っております.ところが銅はとても落ちにくいのです.溝の角とかいくらやってもダメ. なので除銅効果の強いのが欲しいと思い,買ってみたのがこちら.
milfoamforrest90ml.jpg
MiLFOAM の FORREST というムースタイプのクリーナーです. 昔,この製品はすごく強力だったらしいのですが,今のはまろやかになっているとのこと.でもブラシを併用すればきれいになると聞いたので,試してみたいなと.NATO でも使われているらしいので期待しています.実験結果はまたそのうちエントリします.
posted by ともぞう at 09:40Comment(0)

VFG のサイズに何故と叫ぶ

みなさんもそうかも知れませんが,うちではライフルの掃除に VFG のフェルトを使っています.
vfgfelts.jpg
VFG Laufreiniger
これは口径にあわせたサイズを選びまして,そのラインナップがこんななのです.
6, 6.5, 7, 7.5, 8, 8.5, 9, 9.3, .375, 10.3....mm
小さい方から見ていきますと 0.5mm 間隔ですが,9.3mm とか .375 とかがあります.だったらと不思議に思うのはなぜメジャーな .30cal がないのかってことなのです.もちろん標準では 7.5mm を使うことになっていますし,うちでも 30-06 や 308Win にはそれを使っています.ただ本当の 7.5mm 口径ってとてもマイナーですから,だったら .308" にしてくれたらいいのにって思うのですよね.というのも,なんとなくするっと通ってしまうような感じがしてしまうわけです.まあ感じだけかも知れませんけど.

WD-40 を小分けする

先日買った WD-40 のガロン缶はスプレーと違って輸入したものにシールを貼っただけでした.
画像
なので剥がせば,カモンベイビーアメリカなのであります.笑
画像
口金は半田付けらしい.
画像
内蓋はワンタッチで外れるようにはなっていませんでした.マイナスドライバでフチからアタック.苦笑
画像
とりあえずスプレーもできるように,純正スプレーボトルと,小さなプラスチックボトルに小分けしてみました.
画像
これで銃のお手入れの際も飛び散りが少なくなるかなと思います.

WD-40 ガロン缶

WD-40 といえば言わずと知れた防錆浸透潤滑剤の代表格なわけですが,ほかの同種のオイルと比べて匂いが好きだったりします.笑 性能だけでいえば他にもいいものがあるので,用途に合わせて使いますが,ジャブジャブ使うにはこのあたりが値段も手頃で使いやすいのですよね. これまで二十年近くこんな感じのスプレー缶を使っていました.
画像
ただ直接モノに当てようとすると周りにも飛び散るし,ウエスにつけて拭くならスプレーである必要もありません.なので,次はこんな缶入りにしようと思っています.
画像
1ガロン入っているので相当持ちそう.洗い油みたいに使ったり?さすがにそれは灯油でいいか.笑 こんなスプレーに入れて使うこともできるようです.
画像
純正ですよ.笑 中身がわかりやすいので,これも買ってみようかな?? ちなみに仕事とかでもっとバシャバシャ使う人にはこんなのもあるようです.
画像
なんと5ガロン缶(ほぼ一斗缶).エンジンオイルか?って感じですね.笑

クリーニングロッドの収納

今もそうだろう?と言われるかも知れませんが,特に散弾銃だけだった時はろくに掃除もしてなかったので,ロッドも銃を始めたときに揃えた分割モノを1本しか持っていませんでした.しかし,ライフルはそうもいかないので何本も増えました.そうなると収納を考えたくなりますね.そんな人は多いのでしょう,MTM からこんなケースが新しくでました.
画像
最長 47.5" のロッドが4本まで収納可能で,パッチなども入るようです.ただケースの全長が 48.5" すなわち 1.2m 以上あります.私は射撃場で掃除はほとんどしないというのもありますが,銃を担いだ上に,さらに銃より長いケースを持ち運びたくないです.とはいえ,必ず撃ってすぐ掃除するという人も結構いますから,こういうのもアリなわけですね.ただ送料もかかるし,きれいに収まれば図面ケースとか釣り竿ケースでもいいわけだから,日本からわざわざ買おうとする人は少ないかな?? ちなみに私は出先にロッドは持って行かず,帰ってから掃除するので,こんなラックを使っています.
画像
これは Tipton の Cleaning Rod Rack で,内側に6本,両脇のフックで計2本かけられます.が,ハンドルの形状によって収まりが悪い場合もあるので注意が必要です.もっとシンプルなこんなのもありますね.
画像
実はこっちも使ってます.ロッドが9本くらいだったかな?そのくらいあるので,一つじゃ収まらなかったのです.笑 ところでライフルを持ってる人は分かると思いますが,これからという方は,なんでロッドが何本もいるのか?散弾用があるならそれでいいじゃないか?と思うかもしれませんが,まずロッド自体が散弾銃用とは構造が違いますね.太さもさておき,軸が回るようになっているところが大きな違いです.ベアリングが入っていて,くるくる~と軽く回って気持ちいいです.笑 あとはブラシやパッチ用にそれぞれロッドが欲しくなってきます.作業中に頻繁に交換が必要になるし,溶剤もあまり体にいいわけではないですから,アタッチメント部分に手を触れるのは避けたいわけですね.あとは口径が違えば,ロッドも異なります.専用とまではいわなくても,.243 と .308 では太さが違いますね.それにボルトとセミオートも違います.バレル長が一緒でもアクション部分を貫通するかそうでないかとあるので長さが違うのです.まあ原理的には長いのは短いのを兼ねますけど,使い勝手はやっぱりそれぞれありますので. というわけでなんだかんだ言って,ライフルって本体以外にいろいろ必要に(かつ,欲しく)なってしまうものなので,これからライフルだぜ!という方は,予算組みのときにはその辺も気をつけた方がよいと思います.ライフル本体よりスコープの方が高いのは普通だし,リロード沼に落ちればさらに大変なことに....あな恐ろし.笑