Longshot による 30-06 減装弾

reduced load といえば SR4759 が有名ですが,ディスコンなので Longshot を使って試作しました.この辺の背景はこちらにあります.今回弾速を測りましたので結果を載せておきたいと思います.

barrel length: 22"
twist rate: 1:10"
chronograph: Magnetospeed v3

case: Lapua 30-06
bullet: Lyman 170gr RN #311291
primer: Fiocchi Large Rifle
powder: Hodgdon Longshot


画像


青点は実測データ(サンプル数は各1)で,赤線は近似曲線です.18.5gr でも高圧兆候は見られないので,もう少し上げられると思います.注意は必要ですが 2000fps くらいは行けるかな?

ただしご注意いただきたいのは,今回使用した弾頭は通常市販されているジャケット弾ではなく,自家鋳造の鉛弾であることです.これはジャケット弾に比べて圧力が上がりにくいとされていますから,もしジャケット弾を使用した場合圧力が規定内に収まらない事態が考えられるので,今回の試射で使用した弾頭と異なる弾頭を使用する場合はくれぐれもご注意ください.

この記事へのコメント