DC-435 + 200gr HPBT 30-06

という組み合わせでデータ取りしました.条件は以下の通りです.
barrel length: 22"
twist rate: 1:10"
chronograph: Magnetospeed v3

case: Winchester 30-06
bullet: Sierra 200gr HPBT
primer: Winchester Large Rifle
powder: DC-435
measure: Lyman Gen6
5-shot average velocity

結果は下図.
画像

ピンクは直線近似です.55gr でも高圧兆候は見られなかったので,まだいけるとは思いますが,薬切れです.笑 在庫も切れたので再発売を待ってみます.

この記事へのコメント

  • ともぞう

    ヒロシさん

    集弾に関してはおっしゃる通りなのですが,Magnetospeed の着脱で着弾点が変化するので,各薬量で用意する弾数を倍くらい用意しないといけません.そして何より一番大きな理由は,着弾を評価できるほど上手に撃てないということですかね.苦笑 ちゃんとしたベンチを使えば少しは何かいえるかもしれませんが.笑
    2018年05月19日 08:06
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    わ~すごく良い線してますね。何だか教科書に出てきそうなグラフですね。前回の火薬に付いてきたグラフは誰が見ても、ともぞうさんのグラフと比べるのが時間の無駄感がありますね。あのグラフは悪い意味で目立ちますね。私も仕事柄あのようなグラフだと再検査(再検査料20万円!)としますね。笑

    このともぞうさんのグラフに着弾の集計があると48~55グレインの間に一つか二つの共振点(制度の高い点)があるはずなのですが...
    2018年05月19日 00:35