本日の突っ込み

銃関連のことは市井一般には遠い所為か,突っ込みどころ満載の記事は多いですよね.そんなニュースを一つ.

11歳の男の子、家族に襲いかかるヒグマをショットガンで仕留める

米アラスカ州で、11歳の男の子が家族の命を救った。
先週、エリオット・クラークくん(11)とその3人の家族は、3匹の犬を連れ、アラスカ州チチャゴフ島の国勢調査指定地域であるゲーム・クリークの森の中を歩いていた。4人が一列に並び、エリオットくんは3番目にいたという。すると突如一頭のヒグマが現れ、先頭にいたエリオットくんの叔父に襲いかかった。ヒグマの動きは非常に素早く、叔父は肩に担いでいたライフルを構えることもできずあっと言う間にヒグマに組み敷かれてしまった。次の瞬間、エリオットくんは自分のポンプアクション・ショットガンをヒグマに向け、装填されていたバードショットを放った。エリオットくんの父親は地元紙の取材に、当時の様子をこう振り返っている。
「最初のショットは肩をかすめただけでしたが、二発目はクマの鼻に命中しました。弾は首に貫通し、クマはこの一撃で絶命したんです。吊り紐を肩にかけず、手にライフルを持っていたからこその早業が、我々を救ったんです」
アラスカ州のシェリー・ヒューズ上院議員は、エリオットくん一家の写真をシェアし、わずか11歳の英雄の勇敢さを称えた。
alaskanews.jpeg



エリオット君が持っていたショットガンになぜ「バードショット」が詰められていたのでしょう?国勢調査で巡回していたのであれば野生動物の攻撃からの自衛のためでしょうから,鳥猟弾を入れている意味は希薄です.これは多分「バックショット」の間違いではないかと思います.鳥猟用の散弾が首を貫通することは考えにくいと思いますし.一般に小粒散弾を熊に対して発射することは,単に熊を怒らせるだけの悪手と考えられます.

また「手にライフルを持っていた」というのも,前にある「ポンプアクション・ショットガン」という記述と矛盾します.ショットガンとライフルの違いは一般人にはわかりにくいかも知れませんが,元ネタから間違っていることはあまりないと思うので,訳者が勝手に変えてしまったのではないでしょうか.写真を見ても彼が持っているのはポンプ式散弾銃ですからね.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

  • ともぞう

    主夫太郎さん,こんばんは.

    ほんと,元ネタを確認しないといけませんね.苦笑 それと銃は肩にかけてちゃいけないという教訓を得ました.まあ熊のいるところにはいかないですけども.笑
    2019年11月06日 21:01
  • ともぞう

    ヒロシさん,こんばんは.

    ほんとだ,ちょっと違いますね.バードショットだけど二発目は鼻から入って首まで来たとありますね.皮との間を抜けてきたのかも知れません.致命傷にはならないでしょうけども.しかし翻訳記事の国勢調査ってどこから来たのか,そして釣り仲間というのはどこにいっちゃたのか.

    おまけにこのニュースは二年以上前の話だったのですね.苦笑
    2019年11月06日 20:58
  • ともぞう

    ヘッポコ猟師さん,こんばんは.

    >しかし人を組み伏せている熊を子供が銃で撃つ場面を想像すると
    >怖いもの感じます。

    そうですね.どのようなシチュエーションなのか正確には分かりませんが,人に当たるようなことにもなりかねないので,子供なのに凄腕なのか,単にラッキーだったのか....日本でも犬が獲物に絡むことはあるでしょうけど,それでも撃つのは躊躇しますね.
    2019年11月06日 20:49
  • 主夫太郎

    ともぞうさん こんにちは

    なんと色々な怪しいですが、助かってよかったというのは間違いなさそうですね(笑)まぁ、ポンプアクションがよくヒグマ相手にできたとは思います。2発撃ったみたいですね。僕なら最初は空に向かって撃つかなぁ。まぁ、助かったから正解なんでしょうが、記事の翻訳は落第ですねぇ。
    2019年11月06日 17:10
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    英語版ではちょっと違っていますね。
    https://www.theguardian.com/us-news/2017/jul/02/boy-11-shoots-charging-bear-to-save-fishing-party-in-alaska
    エリオット君は3発バードショットを撃っていますが、最後の2発が熊の鼻・首辺りに当たり、止めは伯父さんと書いてありました。釣りのグループの話ですが、一番の評価はエリオット君は散弾銃を肩にかけずに両腕に抱えていたので早めの射撃ができたそうです。バードショットでは銃口を口に入れないとヒグマは無理でしょうね。まあその前後に熊の一撃で悲惨な目に合っていますが...くわばらくわばらです。
    2019年11月06日 14:39
  • ヘッポコ猟師

    おはようございます。
    鉄砲うちには(もういくつ寝ると(^^♪。。。)な季節になりました。
    熊さんは既に敷物になっちゃって。Σ(・□・;)
    アラスカはワイルドですねぇ。
    腰に454レボルバーとボウイナイフ。肩に3in.ショットガン。
    4駆のトラックにはマグナムライフル。
    歩くのが難儀になっても憧れます。
    さて、こういう記事を翻訳、報道する人はもう少し勉強して欲しい
    ものですが銃を扱う人でも「散弾銃は鳥撃ち用、ショットガンは
    映画に出てくる人は吹き飛び車は爆発するような強力な武器」と
    思っている場合があったりして。
    テレビニュースでも最近は減りましたが拳銃の弾ではなく「拳銃が
    撃ち込まれました。」などですね。(えっ、投げ込んだの(;゚Д゚))
    {変換時に顔文字が良く出てくるのが面白くてですね。}
    しかし人を組み伏せている熊を子供が銃で撃つ場面を想像すると
    怖いもの感じます。
    2019年11月06日 11:18