インチ工具の選択は面倒

我々が普段使っている単位はほとんどメトリックなので迷いはないですが,銃砲,リローディング関連はやっぱりインペリアルが主流なので,どうしても付き合いが必要です.といっても,インチやグレインでも,それを単体で使う分には比較するわけじゃないから全く問題ないんですよね.ところが工具は分数表示が使われているので選択が面倒なわけです.

例えばこのボルトをいじりたいときにどうするか.

saetoolselect.JPG


ノギスの表示は小数,インチ工具は分数表示なので,うまく丸めないといけないですね.このケースでは,測ってみると大体 0.56" といったところ.もちろんピッタリ 0.5" とかだったら 1/2" だってすぐ分かりますが,こんな風に半端だとパッとは出てきません.選択肢が無数にあるわけじゃないといっても,インチ工具(SAE)は分母が 64 までありますからね.

結論から言うと,これは 9/16" だと思います.我々が普通に買うレベルの工具の入組だと分母が 16 で,この上は 5/8" になって,そこまではいかないかなと.まあ見ただけでサイズが分かる人ならいいですけど,私はそこまでいかないので,やっぱりちょっと考えてしまうのでした.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • ともぞう

    ヒロシさん

    確かに頭が小さければ 14mm でぎちぎちにはいるか,大きければ 15mm で緩く入るかって感じかも知れないですが,工具はピッタリこないと気持ち悪いので,やっぱり imperial 対応も買いたくなりますね.笑

    結局ノギスに表示されるのは十進数で,工具は分数になっているので,どれに近いかってのが一瞬では分からないわけです.まあ分母も無限に候補があるわけじゃないから,慣れている人は分かるのでしょうけども,それでもそういう作業を普通はしない現代一般人には厳しいんじゃないかな〜と思いました.笑
    2020年09月26日 10:04
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    インチとミリが混在しているとややこしいですよね。私はその生活で半世紀近く暮らしているので脳内変換して両方混ぜて使っています、ややこし過ぎ?日本ですと、この大きさだと12㎜、14㎜、17㎜、19㎜が普通ですよね。こちらではその間の13㎜や15㎜、たまに16㎜、18㎜なんかがあるのでミリレンチセットに含まれているので選びやすいです。 9/16"だと14㎜か15㎜ですね。ボルトの頭とレンチの製造誤差があるので14㎜と15㎜2本用意しましょう、笑。
    2020年09月26日 05:30