スポスタメンテの練習

.338 さんからタイヤのバルブコアがメンテで使えるというコメントをいただいたので,どこのことなのか確認するために分解してみましょう.

coleman508a-disassemble-01.JPG


アメリカ製なので基本的には SAE(インチ)を使います.ガソリンを抜いておいて,まずはバルブから.

coleman508a-disassemble-02.JPG


ここはすぐに外れます.これにOリングが二重についていて,少なくとも片側は多分耐ガソリンだと思います.

coleman508a-disassemble-03.JPG


レバーあたりからガソリンが漏れ出して下から火が出たのは,このOリングがダメになっているからだと思います.ただ手持ちがないので,とりあえずリングをクルッと回して暫定使用することにします.実際この後の試験運転では問題がありませんでした.今度はジェネレータを外すので,反対側のカバーを外しておきます.

coleman508a-disassemble-04.JPG


ジェネレータを外します.

coleman508a-disassemble-05.JPG


ここでジェネレータの中のワイヤが引っかかっているので,どのようについているかを確認しておきます.

coleman508a-disassemble-06.JPG


まあ向きを合わせれば問題ないですけどね.

coleman508a-disassemble-07.JPG


ではバルブ ASSY を外してみましょう.

coleman508a-disassemble-08.JPG


1/2" です.が,これがべらぼうに固くて全然廻りません.真鍮で出来ているので,工具のかけ方が甘いとなめてしまいます.本気を出すためにバーナーは外しておきましょう.

coleman508a-disassemble-09.JPG


結局うちのコンビネーションでは回せませんでした.短すぎるのです.仕方ないので大きなモンキーレンチでおりゃーっとやりました.外すだけ外すとこんな感じ.

coleman508a-disassemble-10.JPG


上がジェネレータ,下の左がバルブ ASSY,右がバルブです.あとは使った工具たち.ただの分解でしたけど,結構使いましたね.

coleman508a-disassemble-11.JPG


ここまで分解したのははじめでしたが,この部分までを見た範囲にはバルブコアに相当する部分はありませんでした.機能からすれば,燃料を吸い上げる部分ではなくて,ポンピングするノブのほうについているのではないかと想像しています.燃料が漏れているのはバルブの方なので,そっちをいじるのは空気がうまく入らないときかなと.そのときにもしバルブコアが使えそうな部分があったら挑戦してみます.ただパッキンは耐ガソリンのにかえたいので,そこだけがちょっと心配ですけども.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ともぞう

    .338さん

    バルブ ASSY の中に入っているんですか.ねじるのがちょっと怖いですけど,ここまで来たらやらないとですね.笑 ただ問題が一つあって,あのあと試運転したら動作が絶好調なんです.笑
    2020年10月17日 22:26
  • .338

    こんばんは。

    下から2番目の写真のセンターに写っているバルブASSYは、フュエル&エアチューブ(樹脂の部分)がねじ込み式で外せます。これを外すとバルブコアが入っております。
    バルブ(レバー)はバルブコアの弁を上下させるだけなので、混合気は実質バルブコアでコントロールされています。これが劣化して混合気を完全に止められなくなるのが火が消えない原因です。
    2020年10月17日 21:48