クリスマスディナー

クリスマスと言えば,七面鳥の丸焼きというイメージがありますよね.実際にあんなのが出せるのは大きなオーブンがあるアメリカとかの家の話かなと思います.あれって雰囲気は最高ですが,パサッパサで正直そんなに美味しいわけではありません.で,うちでは子供の時からチキンでした.(そもそも七面鳥なんて売ってるの見たことなかったなぁ)

ところが今年のクリスマスはチキンも鴨もうちには在庫なし.あるのは猪だけでした.せっかくならギャートルズしたいです.

gyatoruz.jpg


幸い先日小さい猪の足(骨付き)をもらっていたので,それを焼くことに.すると,チキン感がすごいです.

xmasdinner.JPG


前足なんかは筋っぽいから犬用だと言われていたのですけど,じっくり煮込んだところ,ホロホロで柔らかい,チキン型ギャートルズ肉となりました.とても美味しかったです.ただこんな風に食べてしまうと,取り分を奪われた犬に恨まれて,私の前には獲物を出してくれなくなるかも知れませんね.笑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • ともぞう

    .338さん

    なんと大きなオーブンをお持ちなんですね〜.昔は肉屋で七面鳥なんか見たことなかったけど,今は冷凍で売ってるのを見ますから,焼いてる人がそこそこいるんだなぁとは思ってました.残念ながらうちのオーブンには入らないので買ったことはないです.

    昔見たアメリカ映画のクリスマスシーンには必ず丸ごとターキーが食卓に載ってて,いつか食べたい!って子供の時から思っていましたけど,アメリカに行ってから私が食べたのはそんなに美味しくなかったです.苦笑 期待が大きすぎたのかも知れません.チキンでいいやって思っちゃいました.従姉のうちではどうやってるかは分かりませんけど,漬け込んだりしてたのかなぁ.少なくともソース作りにはかなり気合いが入っていたのは覚えてます.

    是非来年はターダッキンやってみてください.私も一生に一度くらいは食べてみたいです.笑
    2020年12月27日 16:30
  • .338

    こんばんは。

    うちでは毎年14ポンド前後のターキーを焼いてます。一晩クーラーボックスでブライニングしますので、パサパサ感もありません。ソースは手作りグレービーソースと缶詰のホールクランベリーソースです。一日仕事どころか、解凍も含めると3~4日かかりますね。
    子供たちはどこの家庭でもクリスマスにはローストターキーを食べるものと思っていたそうです(笑)
    2020年12月27日 16:11
  • ともぞう

    ヒロシさん

    アメリカの親戚のうちでは今でも七面鳥を丸焼きして,従兄(その家の主人)が切り分けるというのがお約束になっています.焼くのも一日がかりだし,ソースを作るのもかなり時間がかかりますよね.ただ正直言うと,食べて美味しいのは七面鳥より牛肉です.笑 まあそういうイベントも好きですから,私も1年に一回くらいならやってもいいと思います.で,そんな時に個人的に食べてみたいのはターダッキン(ターキーの中にダック,そしてダックの中にチキンを仕込む)です.一度やったら満足して二度とやらないとは思いますが.笑
    2020年12月27日 12:10
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    以前時々七面鳥の丸焼きをクリスマスに親戚で集まった時にしました。その後1週間くらい七面鳥肉を食べていましたね。最近は牛肉のローストが人気があります。4~5時間位かけて甥が焼いてくれます。めっちゃ美味しいです。今年は自宅で息子のリクエストで牛肉を食べました。だんだんと四つ足志向になってきています、笑。
    2020年12月27日 11:54