散弾の分解は製造に該当

オリンピック競技への対応でしょうけども,去年省令が公布施行されていたことに気付きました.

tokyo2020.png


オリンピックなどの公式競技ではクレー装弾に不正がないかを検査することになっているそうです.具体的には審判が選手から検査に必要な数の実包を抜き取り,分解した上で散弾重量が規定値にあるかを検査するとのことです(終わったら廃棄).そして,この行為は火薬類取締法における製造行為に該当すると書いてあるのです.検査で火薬の取り出しは行っていないので,あくまでも火工品の製造という意味だと思いますが.

省令で対応したポイントは,国際的あるいは全国的規模で行われる競技会の場合,審判がこの行為を行う上で十分な安全管理体制が構築されていると考えられるので,1日につき実包200個以内に限って,火薬類取締法の製造許可を不要とするとのことです.

ということは,今まではわざわざ製造許可をとっていたと読めます.知らなかったですねぇ.製造となると審判の中に火薬類製造保安責任者の資格を持っている人を入れて,別途製造の許可を取る必要があることになりそうなので,それは確かに大げさすぎると思います.

あ,話題は競技のことじゃないですね.ポイントは経産省が散弾の分解を製造と考えているらしいということです.例えば7半散弾をスキートに使うからと9号散弾に入れ替えるような行為自体は(まあ今の散弾のクリンプでこれを行うのは現実的ではないでしょうけども)実包に対する簡易な改変で許可が要らないとされていたはずですが,分解自体が製造ととらえられることから,薬量調整を行わない(取り出すと火薬の製造に該当してしまうので)としても,無許可製造の範囲(1日に付き百個)を超えてはならないと考えておくべきかと思います.

syageki_shooting_clay.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ともぞう

    ヒロシさん

    こちらでは分解も製造なんですよ.だって,検査の時は分解してそのまま捨てちゃうのに製造なんですから.ちなみに捨てるのも正規の手順があって,資格のない人が勝手に処分することは出来ません.

    だからリロード人生の最後には,自分か遺族が銃砲店に依頼してお金を払って処分することになります.一発百円くらい取られるかも?なのでそろそろかなぁと思ったら撃ち尽くしておかないといけません.苦笑 ちなみに装弾ロッカーに入れておけば,鉄砲屋が気を利かせて一緒に持って行ってくれますけど,それ以外の場所にこっそりしまってたりすると,遺族がどうすればよいか分からず,河原に捨てちゃったなんてことが起きますね.苦笑

    ちなみに火工品(装弾とか)から火薬がこぼれたら,原理的には火薬の製造になっちゃいますが(意図的でなければ問題視はされないはず.そもそも作る方も火工品から火薬が漏れるように作ってないし.),火薬のボトルから火薬がこぼれたのは製造にならないので安心してください.
    2021年02月18日 11:03
  • ヒロシ

    ともぞうさん、
    確かに分解(製造の逆!)して組み直せば実包製造になりそうですね。その点廃棄は大丈夫そうですね。ところが、火薬を取り出せば火薬の製造はちょっと考えすぎな役人が考える事と感じます。取り出した火薬を廃棄する事が製造になるのかなと邪推します。買って来た火薬の入っているボトルからこぼれたら製造と言われかねないですね。出来合いの物を作ったなどと因縁を付けられているみたいです。これから花粉症の季節ですね、お互いくしゃみで火薬を飛ばして、火薬製造だと言われないように気を付けましょう、笑。
    2021年02月18日 04:15
  • ともぞう

    djさん

    いやいや,単に物好きなだけです.楽しい分野の勉強は苦にならないので,いろいろ本を読んであれこれ想像して楽しんでます.またコメントお寄せください.
    2021年02月17日 21:03
  • dj

    週末猟師さんは教養があり知識人ですね。
    毎回ブログ楽しみにしています。
    2021年02月17日 19:49