【実測】125gr SPT と HP の違い

今度は Sierra 125gr の Spitzer Point(#2120) と Hollow Point(#2121) の違いについて見てみます.測定条件は以下の通り.
barrel length: 22" twist rate: 1:10" chronograph: Magnetospeed v3 case: Winchester 30-06 primer: Winchester Large Rifle (WLR) powder: IMR-4064 54.2gr average number of shots: 19
結果は以下の通り
SPT 3071 fps HP 3164 fps
明らかに HP の方が速いです.ogive のプロファイルの違いもありますが,実はシート量がかなり違うのです.弾頭の長さ自体がざっと 6.5mm ほど HP の方が長いため,COAL は SPT のほうを 0.1” 短くしていますが,それでもシート深さは 4mm ほど HP の方が深いことになります. ただしグルーピングに関しては,自分の技術によるバラツキの方が遥かに大きいため(苦笑)差は出ませんでした.なおBallistic Coefficients は大分 HP の方が大きいため,遠距離になれば HP の優位性が出てくると思います.しかし少なくとも自分が使う範囲では差は見られないというのが現時点での結論です.
posted by ともぞう at 22:23Comment(0)

【実測】150gr SBT と HPBT の違い

Sierra 150gr の HPBT (#2190)をメインにしていましたが,お店の在庫が切れたと言うことで,SBT (#2125)も買ってみました.違いがないようであれば,SBT の方が安いですし,それでいいかなという気になったのであります. とりあえず測定条件は以下の通り
barrel length: 22" twist rate: 1:10" chronograph: Magnetospeed v3 case: Winchester 30-06 primer: Winchester Large Rifle (WLR) powder: DC-300 average number of shots: 5
結果は以下の通り
chrg SBT HPBT[fps] 47gr 2807 2779 48gr 2863 2854 49gr 2917 2917
弾切れでこれ以上の薬量で測定できなかったのが残念ですが,薬量の少ない領域では若干 HPBT の方が弾速が落ちる傾向が見受けられるものの,際だった違いは見受けられませんでした.グルーピングに関しては自分の技術の問題で比較できるほどの精度は出せませんので,ざっくりとした傾向でしか判断できませんが,それによると違いは分かりませんでした.ある条件で最適な薬量を見つけて測った場合は違いが分かるかも知れませんが. ちなみに SBT は先端部に鉛が露出しており,落としたり,ハンドロード作業でがさつな扱いをすると,先端部が変形します.そのためそういう意味ではグルーピングの悪化が考えられます.
posted by ともぞう at 22:22Comment(0)

DC-300 試してみました

添付資料からの推測では IMR-4895 に近い特性であろうという結論を得ましたが,実際にそうかは分かりません.ただし IMR-4895 は持っていないので,手持ちの IMR-4064 と IMR-3031 でやってみました.
画像
測定条件は以下の通りです.
barrel length: 22" twist rate: 1:10" chronograph: Magnetospeed v3 case: Winchester 30-06 primer: Winchester Large Rifle (WLR) bullet: Sierra 150gr Spitzer Boat Tail Game King weather: fine, 22.7 deg Celsius, 997 hPa
その結果がこちら.
画像
サンプル数がそれぞれの薬量で1発なので,データにばらつきが見られるのと,DC300 の 47gr は丁度そのとき弾速計のケーブルを引っ張ってしまったようでデータ取得に異常がおきてしまい測れませんでした.そんな不完全なデータではありますが,このデータからは明らかに DC-300 は IMR-3031 とほぼ同じであるといえると思います.もちろん IMR-4895 も計ってみないと断定は出来ませんが,少なくとも今回の測定条件ではそう考えます. ただこれをもっていかなる場合でも IMR-3031 のレシピが転用できるということは断定できません.なぜなら弾速が同じであったとしても,それは internal balistics もしくは火薬の燃焼プロファイルが同一であることにはならないからです. ちなみに今回 54 gr まで試した範囲では,圧力が限界に近づいている現象は見受けられていないので,150gr 弾頭を 3000fps まで引っ張るという目標はあっさりクリアし,更に 3200fps も問題なさそうです.もう一缶買ってこよう.笑
posted by ともぞう at 01:00Comment(0)

IMR-4064 弾速測定結果

【測定条件】 barrel length: 22" twist rate: 1:10" chronograph: Magnetospeed v3 【弾薬条件】 Case: Winchester 30-06 Primer: WLR Powder: IMR-4064 【結果】 (1) Sierra 110gr. FMJ COAL 3.000" 53.7gr (4.0cc) average 3166fps (2) Sierra 125gr. SPT COAL 3.150" 53.7gr (4.0cc) average 3053fps (3) Sierra 150gr. HPBT COAL 3.250" 53.7gr (4.0cc) average 2910fps
posted by ともぞう at 07:05Comment(0)